再開? 121201

やっと四分の一程リニューアル出来ました。

昔のページと混在していて見にくいと思いますが、もう一年か二年我慢してくださいね。

  2012/12/01

      槻篠 慧一

新着! やぎ座の伝説。

やぎ座は黄道十番目の星座ですが、細かい星が多く、その形を見る事が難しい星座です。

また珍しい事に、アルファ星アルゲティとベータ星ダビーは重星となっています。

山羊座古代メソポタミアからの古い星座で、その姿は上半身がヤギで下半身が魚となっていて、「スマル・マシュ」という名前で呼ばれ、エアという知恵と水の神様でした。

エア神は、人々がまだ原始的な生活をしていた頃、海から現れ、一日の間に、農作・文字・法律・魔法を教えて、また海に帰って・・・。

続きを読む。

新着! 牡牛座の伝説。

牡牛座には、日本では「昴星」と呼ばれているプレアデス星団と、「つりがね星」と呼ばれているヒヤデス星団があります。

ヒヤデス星団を中心に、アルファ星アルデバラン、ベータ星エルナト等の六つの星と共に、V字型をつくり、これが二つの角と顔になっています。

プレアデス星団は、牡牛の肩の部分に当たり、青白い星が六〜七個あつまって見える散開星団です。そのため、すばる以外に「六連星(むつらぼし)」とも呼ばれています。

牛は、馬より扱いやすく、ロバよりも力持ちで、ヤギの五倍の肉が取れる家畜で、紀元前三千年ほど前、約五千年ほど前に家畜となったと・・・。

続きを読む。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp