お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
◆ 画像制作ソフト。 ◆
 

◆画像制作ソフト。
 画像制作ソフトは、 Photoshop Painter Illustrator の三つです。
 Photoshopは画像を修正したり、調整したりするソフトのはず、でしたが、その使いやすさからCG描くならPhotoshopとなりました。 画材のシュミレートという点でPainterは群を抜いており、ブラシの数もシュミレートされている画材も多彩ですから描いてて飽きない。 Photoshopは製作に独自の工夫が必要ですが、Painterはその分楽かな(でも画材の知識は必要)。 Photoshopとのファイル交換性の高さからイラストを主に描く時はPainter、調整はPhotoshopと使い分けておられるようです。(ファイルの受け渡しが楽、というのもある。)
 Painter Cllasic は Painter4 相当のもので、ほぼ完成したと言われるバージョンのものですから、Cllasicでも製作自体に問題は無いと思います。(自分もたまにしか使わないからCllasicだったり。)
 Illustratorは主に広告やパンフレット等を製作するソフトで、ベクトルデータという解像度に依存しない画像を作る事が出来ます。 Flashもベクトルデータが作成出来るのですが、製作出来る画像にクセがあるので、画像をIllustratorで作成してフラッシュにもっていく、という方法を取る方も多くみられます。(Flash文字が弱いんだよね。)

 現時点での正式価格は、 Winndows版、Macintosh版、ハイブリット版共通で、
Adobe Photoshop CS2    九万六千円。
Adobe Illustrator CS2    七万九千五百円。
COREL Painter IX.5      六万二千七百九十円。


 体験版は、PhotoshopとIllustratorが
http://www.adobe.com/jp/downloads/

にて入手出来ます。
 詳細も同ページから確認出来ます。
 体験版の使用期限は一ヶ月だと思いますので、使えるのかどうか、購入すべきかどうかの判断材料にしてください。

 Painter体験版は、
http://www.corel.jp/download/index.html
にて入手できます。
詳細は、
http://www.corel.jp/product/painter/
から。

           
 
WINDOWS版
 

MAC版

 
Painter