五節供(ごせっく)。

一月七日(人日)、三月三日(上巳)、五月五日(端午)、七月七日(七夕)、九月九日(重陽)の五つの節供でそれぞれ、「七草の節供」・「桃の節供」・「菖蒲の節供」・「七夕節供」・「菊の節供」とも言われます。

節」とは、中国・唐の暦法で定められた季節の変わり目のことで、ものごとを陰・陽の性質で分け、偶数を陰、奇数を陽と考える陰陽五行説では、奇数が重なる日は陽気が極まるとされ、季節の節目で身体のけがれを祓い、厄除けと無病息災を祈り、季節の産物の恵みに感謝する行事を行います。

日本には大化の改新の頃、貴族社会に伝わり、のちに江戸幕府が公式な年中行事として特に重要な節日を選び、「五節供」を定め、一月一日は元日として別格とした、と言われています。

五節供は明治に入って制度としては廃止されたものの、現在でも年中行事として盛んに行われています。

日本では節供の日に、村全体で農作業を休み神事・農耕儀礼を行うならわしがありました。

しかし、そののち、中国の考えや江戸幕府の公式な節日の意味が加わったため、本来の意味が薄れたり、変わったりしています。

旧祝祭日の由来。

「旧祝祭日」は、戦前に行われていた祝日と大祭日を併称したもので、正式には「祝日大祭日」といいました。祝日として四大節、新年宴会、大祭日として七祭の計十二日が制定されていました。

祝日

 四方拝(一月一日、四方節とも言います。新年節とはいわないようです。)

 紀元節(二月十一日。)

 天長節(天皇誕生日。四月二十九日。)

 明治節(十一月三日。明治期の天長節。)

 新年宴会(一月五日。)

大祭日

 元始祭(一月三日。)

 春季皇霊祭(春分の日。)

 神武天皇祭(四月三日。)

 秋季皇雲祭(秋分の日。)

 神嘗祭(かんなめさい・十月十七日。)

 新嘗祭(にいなめきい・十一月二十三日。)

 大正天皇祭(十二月二十五日。)

 

国民の祝日の由来

国民の祝日」は、戦前の祝祭日(正しくは祝日大祭日)を廃止して、日本国憲法のもとに新しく制定された日本国民の祝祭日を言います。

昭和二十三年七月に「国民の祝日に関する法律」が制定され、その後いくたびか改正され、現在、下のように十三の祝日があります。

また、昭和四十八年から法改正により、祝日が日曜日と重なる場合には、次の月曜日が振替え休日となり、さらに、憲法記念日とこどもの日にはさまれた五月四日は「国民の休日」となっています。

元日(一月一日)。

成人の日(一月十五日)。

建国記念の日(二月十一日)。

春分の日(春分の日・三月二十一日頃)。

みどりの日(四月二十九日)。

憲法記念日(五月三日)。

国民の休日(五月四日)。

こどもの日(五月五日)。

敬老の日(九月十五日)。

秋分の日(秋分の日・九月二十三日頃)。

体育の日(十月十日)。

文化の日(十一月三日)。

勤労感謝の日(十一月二十三日)。

天皇誕生日(十二月二十三日)。

 
Google
Web pleasuremind.jp