二十四節気・雑節・五節供。

立春(りっしゅん) 二月四日頃。

旧暦正月、寅の月の正節、節分の翌日で、冬と春に移る時節、寒さがあけて春に入る日です。

この日の前夜を年越しと考える風習があるため、正月節、歳首月などとも言い、「春立つ」「春来る」などとともに、春の代表的な季語になっています。

日足が伸び、この頃から気温は上昇に向かい、木々もしだいに芽吹き始め、春の気配をどことなく感じる時節です。

禅寺では、この日の早朝、入り口に、立春大吉と書いた紙札をはる風があるそうです。

旧暦では、この日が一年の始めとされ、二十四節気の最初の節で、八十八夜、二百十日など、すべて立春の日から数えます。

また、立春以降初めて吹く南よりの強風を「春一番」と呼びます。

雨水(うすい) 二月十九日頃。

旧暦正月、寅の月の中気、立春後一五日目にあたります。

雨水とは「雪散じて水と為る也」(『暦林問答集』)とあるように、今まで降った雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るという意味、春の気配に草木が蘇るという意味があります。

この頃、雨水ぬるみ、草木の発芽を促し、萌芽のきざしが見えて来るとされ、農耕の準備などは、この雨水を目安として始めるとされてきました。

上巳(じょうし ) 三月三日。桃の節供。 五節供の一つ。

元巳とも言います。古来、中国では、この日、川で身を清め不浄を祓う習慣がありました。

これが平安時代に取り入れられ、宮中では、祓を行うようになりました。

もともと日本では禊をする習慣があったため、身のケガレや災いを紙でつくった人形(ひとがた)に移し、川や海に流し不浄を祓いました。

桃は邪気や疫病を払う霊力を持った果実と言われ、桃の節句に桃の酒や茶を飲めば百病を除くとされています。

啓蟄( けいちつ) 三月六日頃。

旧暦二月、卯の月の正節で、啓蟄啓戸「蟄虫(すごもりむし)戸を啓(ひら)く」、冬の間、土の中で冬ごもりしていた、いろいろな虫が穴を啓いて地上へ這い出してくるというところから啓蟄と呼ばれています。

この頃は、春雷がひときわ大きくなりやすい時期で、そこで、昔の人は、冬ごもりの虫が雷の音に驚いて這い出してくるのだろうと考え、「虫出しの雷」と呼びました。

彼岸(ひがん)  雑節。

春分(三月二十一日頃)・秋分(九月二十三日頃)を彼岸の中日として、この日を挟む七日間を言います。この時期に墓参りが行われます。

この時期、太陽は真東から昇り、真西に沈むため、太陽の沈んだ方角に極楽浄土があるとされました。

人間が生活しているこの世を此岸(しがん)と呼ぶのに対し、極楽浄土のある所が彼岸で、太陽を礼拝する習俗と合わさったものです。

春分(しゅんぶん) 三月二十一日頃。

旧暦二月、卯の月の中気で、この日、太陽は真東から昇って真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ等しくなります。

一般では、この日を春の彼岸の中日といい、国民の祝日の一つで「春分の日」(もと春季皇霊祭)になっています。

社日(しゃにち)。 雑節。

春分・秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。

「社」は土地の神、産土(うぶすな)の神のことで、土地の神に参詣し、春は五穀の種を供えて豊作を祈り、秋には収穫を感謝する日です。

春のものを春社(しゅんしゃ、はるしゃ)、秋のものを秋社(しゅうしゃ、あきしゃ)とも言います。

清明(せいめい) 四月五日頃。

旧暦三月、辰の月の正節で、清明とは「清浄明潔」の略で「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」で春先の清らかで生き生きした様子をいったものです。

万物が若返ってすがすがしく、桜や草木の花が咲き初める頃になります。

この日、沖縄地方では、墓参の行事=清明祭(シーミー)が行われます。中国から伝わった行事であるが、沖縄の習俗として定着しています。

墓前で、その一族縁者が集まり、お酒やお茶、お重の料理を供え、そのお下がりをいただくのがしきたりとなっています。

穀雨(こくう) 四月二十日頃。

旧暦三月、辰の月の中気で、穀雨とは、百穀を潤す春雨を言います。

この頃は、春雨のけむるがごとく降る日が多くなり、田畑を潤して穀物などの種子の生長を助けるので、種まきの好期となります。雨が長引けば菜種梅雨となります。

八十八夜(はちじゅうはちや) 雑節。 五月一日か二日。

立春から八十八日目。春と初夏の境目であり、種まきや茶摘みの時期です。

もともと八十八夜は農事上の重要な節目で、古くから茶摘み苗代の揉み蒔きなどの目安とされていました。

遅霜の時期でもあり、特に新芽を出して成長しつつある農作物にとってこの時期の霜は非常に害が大きいため、特別に暦に入ったとされています。

またこの日、お茶を飲むと長生きするとされ、八十八夜茶とも言われています。

端午(たんご)五月五日。 菖蒲の節句。 五節供の一つ。

中国伝来の風習が元禄時代より男児の節句となり、武家では武具を飾り、子供の健やかで剛健な成長を願った。

この日は、強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒に吊し、菖蒲湯に入ることで無病息災を願った。

端午とは、今では特に五月五日をさしますが、「初五」の意で、端は初めの意、午は五と同音で同じです。

つまり端午は、もともと月の初めの午の日のことをいい、毎月の上旬の五日の意味で、古くは五月以外の月の五日にも使われていたとされています。

古来、中国では、この日、野に出て薬草を摘んだり、よもぎでつくった人形を家の戸口にかけたり、菖蒲酒を飲んだりして邪気を蔽う行事が行われました。

日本では五月を悪月・物忌み月とし、「さつき忌み」として、田植えが始まる時期、早乙女が家に籠って身を清め、田の神を迎え祭るという行事がありました。

田植えをする早乙女、つまり若い女性が撥れを破い身を清めたのであって、五月の節供はもとは女性の節供でした。

中国の行事が平安時代に伝わり、貴族から民間へと広まり、日本では、菖蒲や蓬を軒につるしたり、ちまきや柏餅を食べてお祝いをしました。

江戸時代以降は、男子のいる家では鯉のぽりを立て、甲宵・刀・武者人形などを飾って、子供の成長を祝う行事となりました。

立夏(りっか) 五月六日頃。

旧暦四月、巳(み)の月の正節で、夏が始まる日。この日から立秋までが夏となります。

山野に新緑が目立ち始め、風もさわやかになって、 蛙が鳴き始め、みみずが這い出て、竹の子が生えて来ますが、いまだ春めいた感の強い時期です。

太陽の日差しが強くなり、夏の気配が感じられて来ます。

小満(しょうまん) 五月二十一日頃。

旧暦四月、巳の月の中気で、「陽気盛んにして万物ようやく長じて満つ」「万物しだいに長じて天地に満ち治める」という意味から小満といわれています。

麦の穂が生長し、山野の植物は花を散らして実を結び、田に苗を植える準備などを始める頃、蚕が眠りからさめて桑を食べ始め、紅花が咲きほこる季節で、緑の野山の中で麦畑だけが緑黄色に色づく「麦秋」の頃です。

気象的には、例年、この頃から梅雨となります。

芒種(ぼうしゅ) 六月六日頃。

旧暦五月、午の月の正節で、芭種は梅雨入りの前で、昔の田植えの開始期にあたります。

芭種とは、稲や麦など芭(のぎ)のある穀物、すなわち稲を植え付ける季節を意味し、かまきりや蛍が現れ始め、梅の実が黄ばみ始める頃です。

入梅(にゅうばい) 六月十一日頃。 雑節。

芒種から五日目、立春から百三十五日目。

暦の上では、この日から約三十日間が梅雨となります。

梅の実が熟す頃に雨が降り続くことから「梅雨」と呼ばれます。

夏至(げし) 六月二十一日頃。

旧暦五月、午の月の中気で、夏至は「日長きこと至(きわま)る」という意味で、一年で一番昼が長い日。古くは「げじ」とも言ったそうです。

夏季の真ん中にあたり、梅雨の真っ盛りで、しとしとと長雨が続きしようぶが咲き始めます。農家は田植えに繁忙を極める季節です。

半夏生(はんげしょう) 雑節。 七月二日頃。

夏至から十一日目。サトイモ科の「はんげ=カラスビシャク」という薬草が生える時期です。

田植えの終わった農家では、この日の天候で稲作の豊凶を占い、田の神を奉り、物忌みをします。

半夏生は梅雨の終期にあたり、農家の人たちは、この日までには田植えを済ませ、どんな気候不順な年でも、このあとは田植えをしないという習慣がありました。

半夏生の頃には、天から毒気が降るとか、地が陰毒を含んで毒草を生じるなどという言い伝えがあり、竹の子・わらび・野菜を食べること、竹林に入ること、種をまくことを忌む風習があったそうです。

七夕(しちせき)七月七日。 五節供の一つ。

七夕とは、旧暦七月七日の夜のことである。七夕祭、星祭ともいう。

天の川を隔ててある牽牛星と織女星が年に1度だけ会えるという中国の古い伝説と、日本古来の「棚機女(たなばたつめ)」伝説、女子が手芸や裁縫、書道等の上達を願う行事(乞巧奠:きこうでん)、そして七月の盆の先祖祭につながるもので、お盆の前に稼れを祓い清める水の行事などが結びついて年中行事となったものです。

小暑(しょうしょ) 七月七日頃。

旧暦六月、巳の月の正節で、暑さがだんだん増していく時期。小暑の前後に梅雨が明け、梅雨が明け、蝉が鳴き始めます。

この時節、蓮の花が咲き始め、鷹の子が巣立ちの準備を始めるそうです。

中元(ちゅうげん)七月十五日。 雑節。

古代中国では、正月十五日の「上元」、七月十五日の「中元」、十月十五日の「下元」を合わせて三元と言い、それぞれ、天官、地官、水官の3人の神を祭る日でした。

地官は裁きの神で、この日に地官にもてなしをすると罪を許してもらえるとされていました。

現代の「お中元」は、祖先の霊に備えたものを、お下がりとして分け合った習慣が、道教の考えが結びついて、中元の日に贈答品を送り合う習慣に変化したものです。

しかしそれもごく最近、明治時代以降のことだそうです。

土用(どよう)七月二十日頃。 雑節。

「土用」の起源は古代中国で、宇宙は木、火、土、金、水の五元素からなり、春は木、夏は火、秋は金、冬は水としたが、土に割り振る季節がありませんでした。

そこで四季の終わり各十八日間を土のための期間、土用として割り当てました。

従って「土用」は年四回ありますが、現在の「土用」は夏の土用を指し、立秋の前十八日間を言います。

この期間は、土の気が旺(さかん)な時期のため、土を動かしたり、穴を掘ることを忌むとされました。

夏の土用の時期は酷暑のため体調を崩しやすく、食養生の習慣があり、「土用の丑の日の鰻」が有名になったのは、鰻屋に宣伝を依頼された平賀源内が看板に書いたことがきっかけと言われています。

大暑(たいしょ) 七月二十三日頃。

旧暦六月、未の月の中気で、夏至から約一か月後で、「だいしょ」とも言います。

梅雨明けのこの頃はますます暑くなり、一年中で最も気温の高い、酷暑の季節で、桐につぽみがつき始め、アブラゼミが鳴き、大地が潤って蒸し暑くなり、ときどき大雨が降ります。

暑さが最も厳しくなる時期で、夏の土用はこの季節に入ります。

立秋(りっしゅう) 八月八日頃。

旧暦七月、申(さる)の月の正節で、秋に入る日。残暑は厳しく、立春を起点として上り坂にあった平均気温は、立秋の頃、高温のピークになります。

ひぐらしが鳴き始め、所により深い霧が発生。風のそよぎ、雲の色や形に、何とはなしに秋の気配が感じられ、この日から立冬までが秋です。

暑中見舞いも、この日以降からは残暑見舞いとなります。

盂蘭盆(うらぼん) 八月中旬(陰暦七月十五日) 雑節。

正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)。梵語(サンスクリット語)の「ullambana (ウランバーナ・ウラバンナ)の音訳。陰暦七月十五日に、現在の父母と過去七世にわたる父母のために食物を供え、供養するものです。

日本では祖霊を迎える行事で、十三日から十六日までの期間、祖先の霊を迎え、まつり、もてなし、送りかえす行事であり、十三日には迎え火を、十六日には送り火を焚きます。

精霊送りとしては京都五山の送り火が有名。送り火のほか、灯籠流しが行われる地域もあります。

処暑(しょしょ) 八月二十三日頃。

旧暦七月、申の月の中気で、暑気が止むという意味から処暑という。

昼間はまだ暑い日が続きますが、朝夕は涼風が吹きわたる初秋の頃で、綿の花が開き、穀物が実り始め、収穫も目前とななります。

昔から、この頃は二百十日と並び台風襲来の特異日とされており、暴風雨に見舞われるため注意されてきました。

二百十日(にひゃくとうか) 九月一日頃。雑節。

立春から二百十日目。稲の開花と、台風の襲来がぶつかる時期で、昔から八朔(陰暦八月一日)や二百二十日とともに三大厄日として恐れられてきました。

俗にいう荒日(天候の悪い日)で、八十八夜・入梅とともに、永年の経験に基づいて、貞享暦(一六八四)から記載されるようになったとされていますが、近年になり明暦二年(一六五六)の伊勢暦、寛文一一年(一六七一)の京暦に八十八夜とともに二百十日がすでに記載されているのがわかったそうです。

白露(はくろ) 九月八日頃。

旧暦八月、酉の月の正節で、白露は「しらつゆ」の意で、「陰気ようやく重なり、露凝って白し」ということから名づけられたもので、秋が到来し、草木に露が降り始め、せきれいが鳴き始め、つばめが去っていく頃です。

重陽(ちょうよう) 九月九日。 菊の節句。

陰陽五行説で陽数の極である九が重なる大変めでたい日で、旧暦九月九日の節会。菊の節句・九月節句とも言います。

中国ではこの日、高い丘などに登って、邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾り、菊の花を浮かべた酒を酌みかわして祝いました。

また、女性はシュユ(カレハジカミ)の実を頭にさしはさむと邪気を祓うとされました。

このような邪気をはらうための野外飲食は、三月三日の節供などとおなじ意味がありました。

日本へは平安期の初めに伝わり、宮中の儀礼となり「観菊の宴(重陽の宴)」が催されました。

江戸時代に五節供の一つに定められ、最も公的な性質を備えた行事になり、諸大名は江戸城に登城して将軍に祝詞を述べるようになりました。

武家ではこの日、菊の花を酒にひたして飲み、祝ったとされています。

また、民間では粟御飯を食べる風習がありました。

秋分(しゅうぶん) 九月二十三日頃。

旧暦八月、酉の月の中気で、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。

春分と同じく、昼と夜の長さが同じになる日で、この日を境に、夜長の季節へ移っていきます。

雷が鳴らなくなり、虫は地中に隠れ、水が滴れ始め、また、台風のシーズンでもあります。

この日は、秋の彼岸の中日で、国民の祝日の一つ「秋分の日」。先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ日です。

寒露(かんろ) 十月八日頃。

旧暦九月、戌の月の正節で、寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことをさし、秋の収穫を祝う秋祭りが催されます。

山野には晩秋の色彩が色濃く、はぜの木の紅葉し、朝晩は肌にそぞろ寒気を感じ始めます。雁などの冬鳥が渡って来、菊が咲き始め、こおろぎが鳴きやみます。

霜降(そうこう) 十月二十三日頃。

旧暦九月、戌の月の中気で、秋も末で、霜が降りる頃という意味から霜降といいます。

この頃になると、早朝など所によっては霜を見るようになり、冬の到来が感じられ、小雨がときどき降り、楓や蔦が紅葉し始め、紅葉が盛りとなります。

「しもふり」とも言います。

立冬(りっとう) 十一月七日頃。

旧暦十月、亥の月の正節で、 冬の始まり。この日から立春までが冬です。

冬に入る初めの節で、この頃は陽の光もいちだんと弱く、日足も目立って短くなり、山の初冠雪があり、寒冷地では大地が凍り始め、冬の季節風第一号が吹き始めるのもこの頃です。

小雪(しょうせつ) 十一月二十二日頃。

旧暦十月、亥の月の中気、小雪とは、寒さもまだ厳しくなく、雪まだ大ならずの意味です。

市街には、まだ本格的な降雪はないものの、遠い山嶺の頂きには白銀の雪が眺められ、北風が木の葉を吹きとばし、みかんが黄ばみ始めます。

大雪(たいせつ) 十二月七日頃。

旧暦十一月、子の月の正節で、降雪が多くなり、 もう山の峰は積雪に覆われているので、大雪と言います。

平地も北風が吹きすさんで、この時節、日本海側では大雪になることもあります。

ブリやハタハタの漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色づきます。

冬至(とうじ) 十二月二十二日頃。

冬至は「日短きこと至(きわま)る」という意味で、一年で一番太陽が出ている時間が短い日で旧暦十一月、子の月の中気です。

一年で最も夜が長いため、昔は生命の終わる時期と考えられ、その厄を払うため、太陽の黄色にあやかり、柚子湯に入ったり、南瓜を食べて無病息災を祈り、小豆粥や冷酒を飲みました。

昔から、この日を祝う風があり、特にその日が旧暦十一月一日にあたると朔日友「至」といって瑞祥とされ、宮中で祝宴が行われたそうです。

冬至は冬の季節の中間点で、太陰太陽暦の時代には、冬至は暦の計算の起算点として最も重視されましたが、現在の太陽暦では春分点の方が重視されています。

この頃から、しだいに寒さも厳しくなり、これを境にして本格的な冬の訪れになります。

鹿の角がとれ、雪の下から麦が伸びて来ます。

小寒(しょうかん) 一月五日頃。

旧暦十二月、丑の月の正節で、「寒の入り」、つまり寒さの始まりの意味で、寒さが本格的になる時期。小寒から節分までを「寒の内」と言います。

寒中見舞いが出され、約三十日間、厳しい寒さが続きます。

小寒とは、寒気がまだ最大までいかないという意味であるが、実際にはすでに本格的な冬の季節で、「小寒の氷、大寒に解く」という故事があるように、実際は小寒の頃の方が寒さが厳しいことが多いようです。

小寒から四日目を、特に「寒四郎」、九日目を「寒九」と呼んでいました。

寒四郎は、麦作の厄日とされており、この日の天候によって、その後の天気や収穫に重大な影響があると信じられていました。

また、寒九は「寒九の雨」といって、この日に降る雨は、農家にとって豊作の兆しであると信じられ喜ばれました。

雉が鳴き始め、泉の水が心もち温かみを含んでくる頃です。

人日(じんじつ)一月七日。五節供の一つ。

若菜の節句・七種(ななくさ)の節句。

旧暦正月七日で、人日とは「人の日」。その由来には、中国の古い習俗で、正月の一日から六日までは獣畜を占い、七日に人を占うところから来ているとしています。

古来、中国では、正月一日を鶏の日、二日を狗の日、三日を猪の日、四日を羊の日、五日を牛の日、六日を馬の日、そして七日を人の日とする風習があり、それぞれの日には、その動物を殺さないように、また、七日の日には、犯罪者に対する刑罰を行わないことになっていました。

また、この日の天候でその年の運勢を占い、もし晴れなら幸があり、曇りなら災いがあるとされていました。

江戸時代、人日は幕府の公式行事となり、将軍以下が七草粥(七種の粥)を食べて祝い、武家において大変に重視された祝日でした。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七種類の春の草を入れた七草粥を食べますが、これは自然界から「若菜」の生命力を得る事と、鳥追いの行事が結びついたものとされています。

大寒(だいかん) 一月二十日頃。

旧暦十二月丑の月の中気で、冬の季節の最後の二十四節気で、一年で最も寒い季節で、各地で一年の最低気温が記録される。寒の入り(小寒)から数えて一六日目にあたり、いろいろな寒稽古も行われます。

沢は凍りついていますが蕗の花が咲き始め、鶏が卵をかえし始め、春はもうすぐ間近に追っている。南国からは、柳の芽吹きの便りが届けられます。

大寒の終わりを「寒明け」と言います。

節分(せつぶん) 二月三日もしくは四日。雑節。

「季節の分かれ目」の意味で、春夏秋冬の変わり目毎にありますが、現在、冬の節分(立春前日)のみが残っています。

節分の行事は、炒り豆を撒く追儺(ついな)の行事で、平安時代に中国から日本に伝来したものです。

「鬼は外、福は内」と言いながら豆を撒き、「鬼やらい」とも呼ばれています。

古くは、年末、大晦日にあたり、一年の締めくくりの日でもあります。

 

補記 昔の二十四節気の説明。

「暦便覧」天明八年(一七八八)の二十四節気の説明。現代仮名遣いに変更。

立春 春の気立つをもってなり。

雨水 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり。

啓蟄 陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ずればなり。

春分 日天の中を行きて昼夜等分の時なり。

清明 万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也。

穀雨 春雨降りて百穀を生化すればなり。

立夏 夏の立つが.ゆえなり。

小満 万物盈満すれば草木枝葉繁る。

芒種 芭(のぎ)ある穀類、稼種する時なればなり。

夏至 陽熟至極し、また日の長きのいたりなるを以てなり。

小暑 大暑来たれる前なればなり。

大暑 暑気いたりつまりたるゆえなればなり。

立秋 初めて秋の気立つがゆえなればなり。

処暑 陽気とどまりて、初めて退きやまんとすればなり。

白露 陰気ようやく重なりて露こごりて白色となればなり。

秋分 陰陽の中分なればなり。

寒露 陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすればなり。

霜降 つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆえなり。

立冬 冬の気立ち初めて、いよいよ冷ゆればなり。

小雪 冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるが故なり。

大雪 雪いよいよ降り重ねる折からなればなり。

冬至 日南の限りを行きて、日の短きの至りなればなり

小寒 冬至より一陽起るが故に陰気に逆う故、益々冷ゆる也。

大寒 冷ゆることの至りて甚だしきときなればなり。

Google
Web pleasuremind.jp