伊雑宮(いざわのみや)御田植祭り。六月二十四日。

三重県志摩郡磯部町、伊雑宮御料田のお田植祭りです。

「おみた」とも言われます。伊雑宮は伊勢神宮の別宮で、古くから行われてきた神宮御田植神事の作法を今なお伝えていることで有名です。

えぶり指しを先頭に、立入・早乙女(十二◯十六歳くらいの少女)・ささらすり・太鼓打ち・磯子方が御料田に到着すると、まず田の畦に青竹を立て、これを抜いて田の中央に向かって倒す作法があり、この竹を、漁民たちは大漁の守りにするため奪い合います。

青竹取りが終わると、太鼓・笛のお囃子で、早乙女たちが田植唄を捧げて、大田植えが始まります。

案内

三重県志摩郡磯部町、伊雑宮

 
Google
Web pleasuremind.jp