厳島管絃祭(いつくしまかんげんまつり)。

広島県佐伯郡宮島町、厳島神社で、旧暦の六月十七日の夜に行われる船祭です。

御霊代をのせた御座船が、渡御の際に管絃を奏して対岸の御前神社外宮に渡り、海上の神事を行った後、夜半に還御する祭です。

十七日、午後五時から祭がはじまります。

鳳輦(ほうれん)の御霊代を移し、潮の引いた干潟を大鳥居まで行列を整えて渡御し、御座船に安置します。

御座船は祭にあたって新造せられた屋形船で、幕をめぐらし、中央に神輿を奉安、神職・楽人が左右に並んだものが三艘、そして三艘の曳き舟に、引かれて海上渡御を行い、御前神社で神事を行った後、長浜神社や大元神社等の摂社をまわり、午前零時に本社に帰還します。

この日、西日本各地から、とりどりに装飾を施した漁船がこの祭りを拝観するため、参集するので、絵のような景観となります。

「諸国図会年中行事大成」には、「参詣の貴賎、近国より渡海し、管弦祭の前後左右に充満し、提灯(てうちん)の火、海上に映じて、あたかも火海のごとく」と記されています。

なお、これに先立ち、十一日の朝には「御洲堀(おすほり)」といって、御座船の道筋を大鳥居まで彫り上げる行事があります。

また、十五日には御座船を作り飾る「御船組」行事が行われ、十六日には御乗初めといって、新造船を海に出して、大鳥居沖を一周する行事が行われます。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp