郡祭り。六月五日~六日、県神社。

京都府宇治市宇治蓮華、県神社のお祭りで、「暗闇祭り」とも呼ばれる奇祭です。昔は男女のざこ寝で有名だったそうです。

県神社は、平等院の鎮守で、祭神は応神天皇の妃、宮主宅媛(みやすけひめ)です。

祭りは、五日の十七時からの夕御餞(ゆうみけ)ではじまります。

祭神の父、日蝕使主の子孫と伝える長者氏の宅で大きな御幣をつくり、これを本社に奉持して神霊を移し、翌六日の午前三時頃、猿田彦・膳櫃・獅子頭・神鏡・供箱・御幣・神主の順で行列をつくって、暗闇の中を御旅所に渡御します。

大幣を担ぐ若者は、昔は裸体でしたが、今は自浄衣を着ています。

この渡御のお供を三年続けると、どんな願い事もかなうと言い伝えられています。

案内

京都府宇治市宇治蓮華、県神社

 
Google
Web pleasuremind.jp