お話歳時記

十二月の行事ー年越しのお話。

  十二月の年中行事では、年を越すための一年の総仕舞と、新しい一年を迎えるための準備が続きます。

  一年で最も短い冬至の日、一年の代わりの日、新しい魂が蘇ります。

  日本の神々や精霊達が、山から里へ、福をたずさえてやって来るのです。

大師講・太子講。

  十二月二十二日ごろ(旧暦十一月二十三日ごろ)は、一年中でも昼が最も短い冬至で、旧暦二十三日から二十四日にかけては、さまざまな祭りが行われます。
  その一つに、「二十三夜待ち」という月待ちの行事があります。 二十三夜は新月から数えて二十三日め、下弦の月といって左半分が輝いています・・・。

続きを読む。

冬至。

  冬至は、毎年十二月二十三、二十四日頃。 二十四節気の第二十二番目で、この日から小寒までの期間を言います。 この日は、太陽の位置が黄経二百七十度にあり、北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日です。・・・。

続きを読む。

大晦日。

  「毎月の晦日をつごもりともいい、十二月三十一日は大つごもりとも称し、一年最後のみそか、大晦日と言います。 宮中では、大晦日には節折の式、大祓、除夜祭が執り行われ、神社では大祓の神事が行われました。 大晦日から元日までの間に行われる行事を「年越し」と言い・・・。

続きを読む。

十二月の行事とお祭り。

十二月の行事とお祭り。

十二月一日 桜山まつり 群馬県藤岡市三波川 桜山公園
十二月一日〜二十三日(不連続) 霜月まつり 長野県飯田市南信濃 遠山郷の十三の神社
十二月二日 おしろい祭り 福岡県朝倉市杷木大山 大山祇神社
十二月二日〜三日 秩父夜祭り 埼玉県秩父市 秩父神社および周辺
十二月四日 第一日曜 ひょうたん祭り 大分県豊後大野市千歳町 柴山八幡神社
十二月四日 保呂羽堂年越し祭 山形県米沢市窪田町 千眼寺
十二月五日 アエノコト(石川県)
十二月六日 秋葉山権現火防祭 神奈川県小田原市板橋 秋葉山量覚院
十二月七日頃 大雪(二十四節気)
十二月七日 第一日曜 笑い講 山口県防府市大字台道の当番(頭屋)の家 小俣八幡宮の神事
十二月七日〜九日 羽子板市(東京都)
十二月七日〜翌年一月三日 遠山霜月祭り(長野県)
十十二月八日 事始め(事納め)針供養
十二月八日 第一日曜 お火焚大祭 滋賀県東近江市小脇町 太郎坊宮
十二月旧暦十一月八日 鞴祭り お火焚き 伏見稲荷神社お火焚神事(京都府)
十二月九日 大黒祭り 旧層十一月最初の子の日 金屋子祭り
十二月九日・十日 鳴滝の大根焚き 京都市右京区鳴滝本町 了徳寺
十二月十日 大湯祭 さいたま市大宮区高鼻町 氷川神社
十二月十三日 事始め(正月事始め) 煤払い 松迎え 注連縄張り
十二月十四日 赤穂義士祭 兵庫県赤穂市 やっさいほっさい祭り 大阪府堺市西区浜寺石津町中 石津太(いわつた神社)
十二月中旬〜下旬 年の市
十二月十二月・一月の十五・十六日 世田谷ポロ市 ポロ市通り 東京都世田谷区 せたがやポロ市保存会
十二月十五〜十六日 秋葉の火祭り(静岡県)
十二月十五〜十八日 春日若宮おん祭り(奈良県)
十二月十六日 鵜祭 気多大社 石川県羽咋市寺家町
十二月十八日 十七〜十九日 羽子板市 浅草寺 東京都台東区浅草
十二月二十日〜一月三十一日 下田水仙まつり 爪木崎 静岡県下田市
十二月二十二日頃 冬至(二十四節気) 穴八幡冬至祭り(東京都)
十二月二十三日 天皇誕生日(国民の祝日)
旧暦十一月二十三〜二十四日 二十三夜待ち、大師講、太子講
十二月二十五日 クリスマス
十二月下旬 餅つき
十二月二十八日 をけら火の鑚火式(ひきりしき)京都市東山区祇園町北側 八坂神社
十二月三十一日 おけら詣り、大晦日、年神祭り、若水迎え・若火迎え、除夜の鐘 ナマハゲ(秋田県)トシドン(鹿児島県)