お話歳時記

十一月ー神様と縁結びのお話。

七五三のお祝い。

  七五三は、七五三の祝いとも言い、子供の無事な発育を喜び、なおいっそうの成長を願って、その年の子に晴着を着せ、神社・氏神などに詣でる行事です。 現在は男の子三歳と五歳、女の子三歳と七歳が親とともに宮参りをする行事ですが、古くは男女三歳で髪置きの祝い、男児五歳で袴着の祝い、女児七歳で帯解きの祝い等を行いました・・・。

続きを読む。

霜月祭り。

  霜月は旧暦の十一月のことで、霜月祭りは秋の収穫祭の最後を飾るものです。 日本では、収穫祭はいくつもの段階を踏んで行われます。 まず最初に行われるのが、八朔(旧暦の八月一日、新暦の九月)に行われる穂懸け祭りです・・・。

続きを読む。

鞴(ふいご)祭り。

  鞴は昔の金属の精鉄や加工には欠くことのできない、火をおこすための道具で、旧暦の十一月八日には、全国的に、鍛冶屋、刀工、鋳物師などが仕事を休んで稲荷神社に詣で、「鞴祭り」を行いました。 鞴祭りは京都や江戸で特に盛んで・・・。

続きを読む。

十一月の行事とお祭り。

十一月の行事とお祭り。

旧暦九月三十日、十月一日 出雲への神送り
旧暦十月一日 炬燵開き、炉開き
一~三十日 もみじまつり 箕面公園一帯 大阪府箕面市
十一月二日~四日 唐津おくんち(佐賀県)
十一月三日 文化の日(国民の祝日) 牛鬼(愛媛県) 弥五郎どんまつり 鹿児島県曽於市大隅町、岩川八幡神社 稲穂祭り 花岡福徳稲荷社 山口県下松市末武上 法静寺内
四日 第一土日 西都古墳まつり 西都原御陵墓前広場 宮崎県西都市
十一月八日頃 立冬(二十四節気)
八日 旧暦十月十~十七日 出雲大社神在祭 出雲大社 島根県出雲市大社町杵築乗
旧暦十月亥の日 亥の子祭り(西日本)、亥の子突き。
第二日曜 嵐山もみじ祭 嵐山渡月橋上流一帯 京都市
十一月中旬 落ち葉焚きの集い 百草園 東京都日野市百草
十月十三〜十四日 曾根天満宮秋祭り(兵庫県)
旧暦十月十日 十日夜(東日本)案山子上げ、大根の年取り お十夜、報恩講
十一月十五日 七五三
十一月二十日 太刀踊り(高知県)
旧暦十月二十日 恵比寿講(関東地方)
十一月二十日~二十五日 カラサデ(島根県)
十一月二十二日頃 小雪(二十四節気)
十一月二十三日頃 勤労感謝の日(国民の祝日)
十一月二十二~二十三日 神農祭(大阪府)
十一月二十五日 子ども強飯式(栃木県)
十一月下旬~翌年一月下旬 花祭り(愛知県)
十一月下旬~翌年二月中旬 高千穂神楽(宮脇酷)
十一月酉の日 酉の市 浅草鷲神社酉の市(東京都)