お話歳時記

十月の行事ー亥の子突きと動物のお話。

おくんち。

  御九日は、九月の九日、十九日、二十九日に行われる収穫祭としての秋祭りをさし、「三九日」とも呼ばれ、その日の祭礼をいいます。 重陽の日(旧暦九月九日)を、秋の収穫祭とするところは全国的に多く、その日に行われる祭りを尊んで、九日に「お」をつけた「お九日」がなまったもので、御九日は御供日・御宮日とも書きました・・・。

続きを読む。

亥の子祭り。

  旧暦十月、亥の日の亥の刻に行われ、亥の子の祝い、単に亥の子、また亥猪(げんちょ)とも言います。稲の収穫祭として亥の子の神を祭る西日本に多く分布する行事です。 猪の多産にあやかり、亥の月(十月)の初めの亥の日の亥の刻(午後九時から十一時)に、新穀でついた亥の子餅を食べ、無病と子孫繁栄を祈る年中行事でもあります・・・。

続きを読む。

亥の子突き。

  亥の子の祝いの行事には、地方によっていろいろな特色がありますが、全国的に、とれたばかりの新しい米で餅やおはぎを作り、一升桝に一二個人れて神棚に供えて食べる習慣がみられます。 また、「亥の子突き」と呼ばれ、子どもたちが主役となって行う行事も各地に伝わっています。
  これは、新しい稲のワラ束で作った「亥の子槌」や、石に何本も縄をつけた「石亥の子」で・・・。

続きを読む。

十月の行事とお祭り。

十月の行事とお祭り。

十月一日 放生会 刈り上げの朔日(宮城県)
十月一日〜五日 ずいき祭 北野天満宮 京都市上京区馬喰町
十月七日〜九日 長崎のおくんち祭り(長崎くんち)諏訪神社 長崎市上西山町
旧暦九月九日 重陽、菊の節供 旧暦九月九日、十九・二十日 御九日、刈り上げ節供、菊供養(東京都など)
十月九日〜十一日 金刀比羅宮大祭(香川県)
十月十日 体育の日(国民の祝日)
十月十三〜十四日 曾根天満宮秋祭り(兵庫県)
旧暦九月十三日 十三夜、後の名月 ぼ−じ棒打ち(栃木県)
十月十四〜十五日 妻鹿(めが)のけんか神輿(兵庫県)
十六日 十月一日〜十一月二十三日 二本松の菊人形 福島県立霞ケ城公園  福島県二本松市
十七日 十五〜十七日 神嘗祭 伊勢神宮 三重県伊勢市宇治館町
十月十九〜二十日 ベったら市(東京都)
十月二十日 誓文払い(京都府)
十月二十二日 鞍馬の火祭り(京都府)
鞍馬の火祭 鞍馬一帯 京都市左京区鞍馬
時代祭 平安神宮 京都市左京区岡崎西天王町
十月二十四日頃 霜降(二十四節気)
十月二十八・二十九日 宇和津彦神社秋祭り(秋季例祭)宇和津彦神社 愛媛県宇和島市野川新