お話歳時記

恐山大祭。

恐山大祭 七月二十日〜二十四日。

 下北半島にある火山、恐山山頂、青森県むつ市大字田名部恐山菩提寺で行われる地蔵講で、俗に「恐山大祭」と言っています。
 恐山は、古くから比叡山・高野山とともに日本三大霊場の一つで、人が死ねば、その霊魂は恐山へ行くと信じられていました。
 祭りに際し、青森県各地から集まったイタコと呼ばれる盲人の巫女が、口寄せを行います。いたこ口寄せとは、霊媒のことで、オシラ祭文を唱えながら呪いをし、死者に代わって様々な話を聞かせてくれるというもので、最近は、信仰の対象としてよりも観光名物として親しまれています。