お話歳時記

七月のお話。

七夕と乞巧奠(きっこうでん)。

  「七夕」は、天の川をはさんで別れ別れになっている牽牛星と織女星が、一年に一度だけ会うことのできる日とされています。

また、この日に、五色の短冊に願い事を書いて笹竹につるすと、願いがかなうとも、字が上手になるとも・・・。

続きを読む。

相撲の始まり。

  相撲は、古くはソウモウと言われ、旧暦の七月に作物の豊凶を占う神事として行われていました。
愛媛県の大山砥神社の御田植祭りでは、一人相撲と言って、見えない精霊を柏手に−人で相撲をとるまねをする行事があり、これは、田の神をねじ伏せて、豊作を約束させるというもの・・・。

続きを読む。

七月の行事。

七月の行事とお祭り。

七月一日 釜蓋朔日(関東・中部地方)
七月一日頃 半夏生(雑節)浅間神社 お山開き(千葉県)
旧暦六月一日 氷の朔日、氷室の節供献氷票(奈良県)氷室繁り(熊本県)駒込富士講(東京都)虫封じの朔日、虫送り(千葉県、青森県など)、蚤送り(宮城県、岩手県など)衣替え、山開き、富士詣 川開き、川浸り、カピタリ(茨城県)
七月一日〜二十九日 八坂神社祇園祭り(京都府)
七月六〜八日 入谷朝顔市(東京都)
七月七日頃 小暑(二十四節気)
七月七日 七夕 七夕行列(島根県)七夕送り、七夕流し(新潟県、長野県など)七日盆 精霊迎え、迎え火
七月九〜十日 四万六千日、ほおずき市(浅草寺 東京都台東区浅草)
七月十三〜十五日頃 盆花迎え、盆棚作り、墓参り、施餓鬼供養、盆踊り、エイサー(沖縄県)アンガマ(沖縄県)盆綱引き盆竃 盆相撲
七月十五日 中元
旧暦六月十五日 川祭り、河童祭り
七月十五日頃 精霊流し、送り火 百八撞(群馬県)柱松、投げ松明(京都府など)
七月十十六日〜三十一日 祇園祭 八坂神社 京都市東山区砥園町北側
七月十八日 第三日曜 蓮まつり 古代蓮の里 埼玉県行田市大字小針
七月二十日 二十日盆 海の日(国民の祝日)川瀬祭り(埼玉県)すもも祭(李子祭)大國魂神社 東京都府中市苫町
七月二十日 二十日盆 海の日(国民の祝日) 川瀬祭り(埼玉県)
七月二十日頃 土用の入り(雑節) 土用灸
七月二十日〜二十七日 津和野祇園祭り 鴬舞神事 弥栄(やさか)神社 島根県鹿足郡津和野町
七月二十二日〜二十四日 うわじま午鬼まつり 愛媛県宇和島市
七月二十三日頃 大暑(二十四節気)
七月二十四日 地蔵盆
七月二十四日〜二十五日 天満宮天神祭り 大阪天満宮 大阪市北区天神橋
七月 第三土曜 よこての全国線香花火大会 横手川蛇の崎川原 秋田県横手市
七月第四土・日曜日 津島天王祭り(愛知県)
七月下旬 隅由川花火大会
七月三十日〜八月五日 黒石ねぷた祭り 青森県黒石市
七月三十日 最終土曜 隅田川花火大会 隅田川花火大会実行委員会事務局
七月三十一日〜八月一日 住吉祭り(大阪府)