お話歳時記

七月のお話。

七夕と乞巧奠(きっこうでん)。

  「七夕」は、天の川をはさんで別れ別れになっている牽牛星と織女星が、一年に一度だけ会うことのできる日とされています。

また、この日に、五色の短冊に願い事を書いて笹竹につるすと、願いがかなうとも、字が上手になるとも・・・。

続きを読む。

相撲の始まり。

  相撲は、古くはソウモウと言われ、旧暦の七月に作物の豊凶を占う神事として行われていました。
愛媛県の大山砥神社の御田植祭りでは、一人相撲と言って、見えない精霊を柏手に−人で相撲をとるまねをする行事があり、これは、田の神をねじ伏せて、豊作を約束させるというもの・・・。

続きを読む。

七月の行事。