正月の準備。

正月の年神を祭る準備は、十二月十三日の「事始め」の日から始めます。

しかし、地方によっては、十二月八日を「事始め」、二月八日を「事納め」と言います。

また別の地方では逆に二月八日を「事始め」、十二月八日を「事納め」と言うところもあります。

コトとは、もともと祭りあるいは祭り事を表す言葉で、コトノカミという神を祭るお祭りだったのです。

その日は一年に十二月八日と二月八日の二回あり、「事の日」、「事八日」などと言われました。

コトノカミを田の神や農業の神ととれば、一年の農耕の始まりである二月が事始め、収穫が終わる十二月が事納めとなります。

一方、コトノカミを年神ととれば、十二月の年神を迎える神事の始まりの日が事始め、二月の神事の終わる日が事納めとなるわけです。

これは江戸時代の学者の説によっていて、おもに江戸を中心とした関東地方に多いものだそうです。

それが、江戸時代に陰陽道の影響もあって、陽数(縁起の良い数)である一三から十二月十三日が江戸城の「御煤納め」と定められたことにより、この日が「正月事始め」とされるようになりました。

そしてこの日を境に、煤払い、松迎え、注連縄張り、餅つきなどといったように、正月の準備にとりかかることになったのです。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp