年越し蕎麦。

年越し蕎麦は、大晦日の晩、家族みんなが寄り集まってそばを食べながら年を越す習慣で、また、そのそばを言います。

そば粉で作った麺は、本来そば切りと言い、江戸中期頃には毎月末にそば切りを食べる風習があったそうです。

その、一年の最後に食べるそば切りだけが年越しそばとして残ったものと考えられています。

そばを食べるのは、そばが長く伸びることから、家運を延ばす命を延ばし財産を延ばすことに通じるからとか、そばが五臓の汚れを取るというので無病息災を祈るところからきたという説もあります。

しかし、江戸時代中頃までのそばは、そば粉に熱湯を加えて団子のようにねった「そばがき」で、今のように細長い切りそばではありませんでした。

本当の由来は、そばには粘着力があって、江戸の職人たち、ことに金銀細工の職人達は、時期をみはからって、そばを練っただんごを持って、そばだんごで飛び散った金粉銀粉をかき集めたところから来ています。

この金粉銀粉のついただんごを七輪や火鉢の上で焼いて灰にすると、あとは金や銀の粉だけが残ります。

それがいつしか「そばは金を集める」と言われるようになり、一般にも広まったようです。

このほかにも、大晦日にツグミやカシドリを食べる風習もありますが、どちらも語呂合わせで,ツグミは「継身を祝う」という意味で、樫鳥は「貸し取り」、すなわち上手にお金が取れるという意味で、質屋など金融業の人が食したそうです。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp