大晦日。

毎月の晦日をつごもりともいい、十二月三十一日は大つごもりとも称し、一年最後のみそか、大晦日と言います。

宮中では、大晦日には節折の式、大祓、除夜祭が執り行われ、神社では大祓の神事が行われました。

大晦日から元日までの間に行われる行事を「年越し」と言い、また、昔は誕生日ではなく、年が明けて初めて年を取る決まりでした(数え年)。

そして、正月との境目となるのが「除夜」、一年の替わり目で、大歳・年の夜とも言います。

除夜は年神を迎えるために、心身を清め、一晩中起きているのが年越しの習いでした。

昔は、年神を迎える神聖な物忌みの夜であったのです。

除夜には、新しい年の年神がそれぞれの家にやって来ます。

そこで、神様をお迎えする大事なお祭りを行うためこ、一晩中起きている”きまり”でした。

この時、「眠る」とか「寝る」という言葉を避けて、寝るときは「稲積む」、起きるときは「稲上げる」と言い換えて、たとえ眠ってしまっても、穀物と穀物の霊に感謝していることを示したのです。

この夜早く眠ると白髪になるとか、しわがよるとかいった俗信があるのは、その名残のようです。

現在でも、夜眠らないで元旦を迎える地方があります。

青森県の上北郡では尻枕といって、家中で炉の周りに集まり、年の順に人のお尻を枕にして眠る風習があります。

これは本当に寝るのではなく、年の夜を守るという趣旨から出たものとされています。

その代わり、新年第一日日の元日は、一日中寝ている「寝正月」でよいのです。

また青年たちが除夜の鐘を合図に、裸で海に飛び込む地方もあります。

これも一年中の穢れを落として、歳神を迎えるための禊です。

また洒や餅などを先祖に供え、おせちなど特別の食卓につく風習があります。

他に除夜に火を焚く行事が残っている地方もあります。

神社ではこれを神事として行い、一晩中火を焚きます。

京都の祀園、八坂神社のお白水詣が有名です。

今は、一日は午前零時に始まり、午後の十二時で終わりますが、大昔の一日の始まりは太陽が沈むときで、次の日に再び太陽が沈むときまでを一日としていました。

つまり、昔の大晦日は、現在で言えば十二月三十一日の日没までだったのです。

そのため、正月の準備は日没までに終わらせ、夜中から明け方にかけて、年神を迎えて祭る年神祭りをとり行ったのでした。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp