なまはげと同種の行事。

ナマハゲと同種の行事は、同じ県の他の郡や、岩手県などで行われており、また能登地方でもこれと同じ物の分かれと見られる行事があります。

由利郡ではナモミハギ、ナマハギ等と言い、岩手県遠野地方ではナモミタクリ、上閉伊郡ではナゴミタクリ、釜石市等ではナナミタクリと言います。

火斑を「ナモミ」と言う地域は秋田県に限られているようですが、この言葉の原型らしいアマメ・アボメ等という語の分布は北陸から西日本に行き渡っています。

石川県鳳至郡では、正月六日の夜、アマミハギという行事があり、天狗の面をかぶり、擂粉木を手に持ったものが、覆面で土を持った者を連れて家々を廻り、餅を集めて歩きます。

鹿島郡では、除夜にアマメハギが来て足の皮を剥ぐとの俗信があり、江沼郡でも大晦日にアマゲ(火ダコ)ハギが竹べらに味噌をつけて来て、アマゲの皮をそいで行く等と言い伝えています。

行事は衰えて痕跡を残すのみですが、能登の例とともに、ナマハゲの一類の行事でした。

ヒカタという話もナモミと同様、火ダコをさす言葉で、この言葉の方が東北地方で広く使われています。

ナマハゲと同じ行事をカタククリと呼んで、遠野地方ではナモミタクリ・ヒカタタクリ同様に言い、秋田県鹿角群でヒガタタクリ、青森県西部ではシカタハギと言います。

彼らの狙ってくるのは、子供のすねにある火斑であるから、岩手県海岸地方ではこの行事を、スネカ・スネカダクリとも言います。

これは恐ろしげな木の面をかぶって、怠け者のすねの火斑を引き剥ぐと言って廻る行事で、鼻を強く鳴らしたり、戸を爪で引きかいたり、ガタガタ言わせます。

子供や若者がやる他、二・五・七の厄年の者の厄落としの行事として行う所もあります。

なもみはぎ。

ナマミハギとも言います。

秋田県由利郡で、鬼の面をかぶった恐ろしい姿で、怠け者のナモミ(火班)を引き剥ぐと言って家々を訪れる、小正月の行事です。

蓑を着て、恐い面をかぶり、出刃包丁を持ち、算盤をガチャガチャ鳴らしたり、瓢簞の中に豆を入れたものを、御幣とともに振ったりしてやって来ます。

屋内に踏み込んで、蓑の毛をむしりあって、暴れる所作等もあり、その毛を一年中しまっておく家も多かったそうです。

なごみたくり。

岩手県上閉伊郡で、小正月の晩に行われる行事です。

遠野地方では、ナモミタクリ・ヒカタタクリ・ナゴミ等と言います。

鬼が怠け者のナゴミ(火斑)を引き剥ぎに来るという行事で、仮装神人がこれを行いました。

ひかたたくり。

小正月の晩、鬼の姿で家々を訪れ、火斑をはぐぞと脅して歩き、餅等をもらって行くものです。

岩手県遠野地方では十五日の晩に、瓢簞の中に小刀に入れて、カラカラと振り鳴らしながら「ひかたくくり、ひかたくくり」と呼んで歩きます。

大事にされている娘等には、両ハギに紫色のひかたのあるものが多いので、餅を差し出して娘にわびさせます。

なもみたくりとも言い、津軽西部ではシカタハギと言います。

旧南部領に属する秋田県鹿角地方では、行事自体がすたれ、その記憶だけが残ったため、ヒガタタクリを十五日の夜に火斑のある者の皮を剥ぎに来る妖怪としています。

すねか。

すねかは岩手県海岸地方で正月十五日の夜、家々を訪れる仮装者で、ヒガタタクリとも言います。

男の子、青年、または二、五、七の厄年の者が厄落としに行います。

恐ろしい木の面をかぶって家々を廻り、怠け者を懲らしめるために、すねの火斑を引っ剥ぐと言っておどします。

鼻を強く鳴らしたり、戸をガタガタ揺るがし、爪で引きかきます。

家に入り、炉の火にあたり、「おとなしくするかどうか」など子供と問答します。

気仙沼ではスネカダクリと言い、一本刀をさし、鼻息を鳴らし、「ひがたたくり、ひがたをたくる」と言って来ます。