なまはげ。

秋田県男鹿半島の村々に伝わる奇習で、かつては陰暦一月十五日、満月の光の中、なまはげがサネ雪の上を異形の姿で渡ってやって来ていたのです。

戦時中に一時中断、現在は大晦日または新暦一月十五日に行われるようになりました。

当日、若者が笊でつくった鬼の面をかぶり、藁のケダシを腰に巻き、大きな藁靴をはいて鬼に仮装、家々を訪ね、ウォーウォーと奇声をあげます。

羽織袴で正装をした家の主人がこれを迎え入れると、鬼は神棚に礼拝した後、家の中の子供や嫁をいさめながら躍り上がって歩き回り、酒と餅が供されると、酒だけ飲んで餅は従者に持たせ、次の家へと向かいます。

鬼の数は一定ではなく、村により、夫婦二匹、子鬼と三匹、これに青鬼夫婦を加えて五匹の例もあります。

鬼も持ち物も様々で、大きな木製の刃物や、箱の中に小さな物を入れカラカラ鳴らして来るものや、鍬を持って来る所、包丁や金棒を持ってくる所もあります。

「エダーガー(居るか)、泣く子エダネーガー?」と怒鳴って子供を震え上がらせ、また「ナモミコはげたははげたかよ、包丁こ磨げたか磨げたよ、小豆コ煮えたか煮えたかよ」などとも言う。

これは刃物でナモミ(火に当たって脛などに出来る火班)をはぎ取り、小豆の煮えたのをかけて食ってしまうぞ、という威嚇の言葉で、親達が子供のかわりに謝ったりするそうです。

菅江真澄の「男鹿の寒風」には、鬼とオカシ=空吹(うそぶき)の面とが連れ立ったナマハゲが来て、子供がおそろしがって、物陰に隠れる写生図があります。

それには、「角高く丹塗の仮面の海管というものを黒くそめなして髪を振り乱し、ケラという物を着て、なんの入りたらんか、カラカラと鳴る箱一つを負い、手に小刀を持ちて、あと言ひてゆくり無う入り来るを、すわや生身剝よとて、童は声も立てず人にすがり、物の陰に逃げ隠ろふ。これに餅取らせて、あなおかな、泣くななとおどしぬ。」と記してあります。

男鹿市では、ナマハゲは三組に分かれ、一番は男鹿の本山から、二番は大平山から、三番は八郎潟の水を渡って、次々に来ると言いました。

昔、漢の武帝が五匹の鬼を連れて本山に渡来したと言い、真山本山登山口の門前部落にある五社堂(建保年間1213〜1217建造)では、その五匹の鬼を祭るとされています。

この鬼達は、あらゆる苦役に従事して忠実に武帝に仕えましたが、正月十五日だけは解放されて、欲する物を求める事がゆるされていました。

これがナマハゲの由来であると伝えています。

しかし、小正月の夜に、雪女が出るとか、山の神が舞い遊ぶという伝承は、東北地方の他の土地でも言っている事から、それと同じ信仰から生まれた仮説由来であると思われます。

小正月に多い仮装神人の行事は、神が人間に祝福を与えるために来臨する形を年頭におこなうもので、沖縄のシヌグ祭りにも見られます。

神の祝福は山形県酒田市飛鳥の鳥追い行事や、石巻のザットナのように、避難・戒告の形を取る場合もあって、秋田のナマハゲにも、その傾向が見られます。

このような神人来訪の行事の大部分が、単なる物吉や、物もらいの行事に堕した中で、ナマハゲは神人の権威の面影をいまだに止めている少ない例の一つです。