お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十一月の行事ー神様と縁結びのお話。
 
  七五三。 十一月十五日。 男三歳と五歳・女三歳と七歳。
 

 七五三の祝いとも言い、子供の無事な発育を喜び、なおいっそうの成長を願って、その年の子に晴着を着せ、神社・氏神などに詣でる行事です。

 現在は男の子三歳と五歳、女の子三歳と七歳が親とともに宮参りをする行事ですが、古くは男女三歳で髪置きの祝い、男児五歳で袴着の祝い、女児七歳で帯解きの祝い等を行いました。

 近年ほぼ全国的に行われるようになり、都会中心の行事となっていますが、もともとは日本の農村からごく自然に生まれてきた風習です。

 中世以来、日本では赤ん坊は男女とも、たいてい頭を青くそり、三つの誕生日または十一月十五日になって初めて髪を伸ばす風があり、これは「もう赤ん坊ではない」という意味で髪置きと呼びました。髪置きは、白髪をかぶせ頂きに白粉をつけ、くしで左右にすいて祝う行事でした。
 江戸時代になると、五つになった男の子はその年の十一月十五日、袴着といって、初めて袴をはく「袴着」をしました。
 また、女の子は七つになると、それまでのひもつきの着物にかわって帯をしめ、これを紐解き・帯解きなどといいました。こうして七歳になってはじめて、子供は一人前の人間として社会に認められたのです。

 男の子を五つ、女の子を七つとしたのは、主として関東地方で、長野県では三つで男女ともに帯結びをするところがあり、全国一様ではありません。

 また、お祝い等も年齢に差があり、
 三歳の子が、それまではつけひもで着物を着ていたのが帯を締めるようになる「ひも落とし」の祝いをし、また一つ身の着物(普通の幅の着物地一枚で後ろ身頃を仕立てたもの。大人の着物の半分の幅)から三つ身(着丈の三倍で前後の身頃を仕立てたもの)に変わるので、「三つ身祝い」をしました。
 奈良県では「三年坊主」、熊本県では「髪置祝い」と言って、男の子が三歳になると、これまで剃っていた頭の髪を伸ばし、五歳には、着物のつけひもを取って帯を締める「帯結び」が行われる地方もあります。

 農村にはもともとその全部をまとめて祝う習慣はなかったのですが、全国各地から人々が寄り集まってできた江戸という都会では、最大公約数としての「七五三の祝い」が生まれたと考えられます。
 初めのうちは日は一定していませんでしたが、徳川綱吉の子、徳松の祝いを、陰陽道で吉日とされる鬼宿日の十二月十五日に行ってから、この日に固定されたとも言われ、江戸時代には、男女三歳で髪置、男子五歳で袴着、女子七歳で帯結びの祝いとされるようになりました。

 七五三という数字は、奇数を縁起のよい数と考える中国思想の影響からきているとされ、十一月十五日に祝うことになったのは、この日が二十八宿の鬼宿日にあたり、何事の祝い事にも最良の日であったとされたことによるそうです。
 さらに十一月は秋の実りを産土の神に感謝する月であり、その祭りの日に満月の十五日が選ばれるのもごく自然で(旧暦十一月十五日は必ず満月になる)産土神・氏神に収穫の感謝かたがた、子供の成長を感謝し、祈ったのが七五三の行事なのだそうです。