お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十一月の行事ー神様と縁結びのお話。
 
  酉の市。
 

 酉の市は「とりのいち」と読む事が多くなりましたが、正式には、酉の市と書いて「とりのまち」と言います。またお酉様とも言います。
 酉の市は鷲(大鳥)神社の祭礼で、十一月の酉の日に行われ、初酉を「一の酉」、次を「二の酉」、三番目を「三の酉」と呼び、三の酉まである年には火事が多いと言いならわされてきましたが、これは鶏のとさかが赤いところからきたものだとされています。

 鷲神社はもともと武士のあいだで信仰されていたようですが、町人のあいだでも開運・商売繁盛の神として信仰されてきました。
 浅草の鷲神社の酉の市が最も盛んで、「お酉様」と呼ばれています。「福をかきこむ」「福をとり(酉)こむ」というところから、両側の参道には、扇、お多福・おかめのの面、小判、千両箱をつけた大熊手、入り船など豪華な縁起物や、頭の芋、黄金餅、おこしなどを売る店が立ち並びます。
 頭の芋は里芋の八つ頭をふかしておかめ笹に通したもので、人の頭に立つ意味があることから、これも縁起物として人気があります。