お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十一月の行事ー神様と縁結びのお話。
 
  霜月神楽。
 

 霜月祭りは日本各地で家ごとに行われるのが一般的で、村単位で行うものが、愛知県、長野県、東北地方の一部で行われています。
 そのなかでも、愛知県北設楽郡で現在十一月下旬から一月上旬にかけて行われる「花祭り」、「花神楽」と呼ばれるものが「湯立神楽」として最も有名です。
 渇立は神前で湯を沸かし、笹の葉をひたして湯をまわりに振りかける楔の儀式で、多くは巫女によって行われました。
 この湯立は、古代の盟神探湯(くかたち・神による裁判の方法で、熱湯に手をつけたとき、正しいものは火傷をしないとしたもの)と開係があるとも言われます。
 神楽は神を祭るときの楽舞で、この湯立が芸能化したのが湯立神楽です。

 愛知県の花祭りは、中世に伊勢外宮の神楽師が伝えたものが山村の民俗と習合したものと言われ、花は稲の花の事です。
 花祭りは、神社か民家の土間の中央に作った竃に大釜をかけて湯を沸かし、天井には天蓋をつるし、まわりの注連縄には模様を切り抜いた紙をさげます。
 隣の部屋に神座をしつらえ、まず、神降ろし、祈祷などの神事を行ったあと、神楽に合わせて舞が舞われます。
 そして祭りの最高神、榊鬼(さかきおに)が村の繁栄と五穀豊穣を願い、邪鬼を退散させたあと、人々に釜の湯を振りかけて楔や祓いをします。

 このような湯立を中心とした神楽のほかに、備中神楽、石見神楽、比婆神楽、高千穂神楽など出雲系統の神楽もあります。
 この神楽では、舞人が、榊、幣、弓、剣、鉾などを手に持って舞います。

 このなかで最も有名なのが、十一月下旬から二月中旬までのあいだ宮崎県高千穂地方で行われる高千穂神楽です。
 単に夜神楽(よかぐら)とも呼ばれ、集落ごとに民家を神楽宿として五穀豊穣を祈る、正月直前の悪魔払いの神楽とされます。