お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十一月の行事ー神様と縁結びのお話。
 
  神無月。
 

 十月の古い呼び名とされる「神無月」は、八百万の神がみんな出雲の国に集まって諸国に神がいなくなってしまうことから、「神のいない月」と呼ばれ、ほかの諸国では神が不在になるのに対し、出雲地方にだけは神々が集まるので、出雲には「神在月」と呼ばれるようになったと伝えられています。

 ほかにも、雷のない月の意味としている地方や、新しくとれた米で酒をかもす(醸造する)ところから醸成月(かみなしづき)と言った地方もあります。

 旧暦の十月に、神様が出雲に集まる理由はいくつかあります。
 ひとつは神様の里帰りだとするもので、収穫が終わったあとに、農神を天に送り帰すという意味合いが込められていたようです。
 旧暦の十月一日または前日の九月三十日に、「神送り」と言って、里帰りの土産用にと家の神棚にごちそうを供える風習が残っている地方があります。

 もう一つは、神様たちが縁結びの相談のために集まるのだという信仰です。
 北九州では、神々の出発の日や帰省の日に、未婚の若い男女がおこもりをする風習があり、新潟県佐渡地方では、「神送り忌み」と言って、十月の縁談を避ける風習もあります。
 そのような由来が広まったために、出雲の神を縁結びの神とする信仰も生まれました。

 十月の亥の日は、秋から冬へと季節が移る変わり目ととらえられ、いろいろな冬じたくの目安となっていました。
 例えば、その年初めて炬燵を出す日を「炬燵明け」、「炬燵開き」などと言い、大坂では中の亥の日をあてていたと言います。
 また、茶の湯のほうでも、夏のあいだ使っていた風炉を地炉に変えることを炉開きと言って、十月の一日あるいは中の亥の日をあてていました。
この日から、新茶の茶壷の口を切って新しく使い始める風習もあります。