お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十月ー亥の子突きと動物のお話。


 ◆一月 ◆二月 ◆三月 ◆四月 ◆五月 ◆六月 ◆七月 ◆八月 ◆九月 ◆十月 ◆十一月 ◆十二月 
 十月の行事ー亥の子突きと動物のお話。 おくんち。 亥の子祭り。 亥の子突き。 
十日夜(とおかんや)と案山子上げ。 お十夜。
 狼の眉毛。 聞耳頭巾。 雀、雀。 ネズミの浄土へころころりん。 猫とネズミの草紙。
 山の神の靱(うつぼ)。 猿正宗。
 しっぺい太郎の猿神退治。 日本の猿神伝説。 中国の猿神伝説。
 

 
  十日夜(とおかんや)と案山子上げ。
 

 旧暦十月十日に関東から中部地方にかけて、西日本の亥の子の祝いと対応する「十日夜」という刈り上げ祝い(収穫祝い)の行事があります。
 旧暦の十月十日に行われますが、これらの地方では、この日は、春に山から里に降りてきた田の神がまた山に帰っていく日と考えられていました。
 子供たちがわらで作った鉄砲で地面を叩きながら、「十日夜いいものだ、朝そばぎりに昼だんご、夕飯食ってひっぱたけ」などと唱え歩くそうです。こうすると、もぐら除けのまじないにもなるといわれています(正月の土竜送りの行事に類似しているそうです)。

 また長野県や山梨県の一部では、田の神がこの日に帰ると信じられ、「案山子上げ」と言う行事を行って庭先に立て、田の神祭りをします。
 今では案山子は、せっかく実った稲が食べられてしまわないようにスズメなどの害鳥を脅すために田畑に立てられるものと考えられています。
 しかし、もともとは田の神がこの世に現れた姿と考えられていました。
 そこで、刈り入れが終わると案山子を家に持ち帰って庭に立て、一年の労に感謝してから山に帰るのを見送りました。
 そのため、案山子の笠を燃やして焼き餅を作り、桟俵にのせて供えるといった「案山子上げ」の風習が長野県で行われています。