お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十月ー亥の子突きと動物のお話。


 ◆一月 ◆二月 ◆三月 ◆四月 ◆五月 ◆六月 ◆七月 ◆八月 ◆九月 ◆十月 ◆十一月 ◆十二月 

 十月の行事ー亥の子突きと動物のお話。 おくんち。 亥の子祭り。 亥の子突き。 
十日夜(とおかんや)と案山子上げ。 お十夜。
 狼の眉毛。 聞耳頭巾。 雀、雀。 ネズミの浄土へころころりん。 猫とネズミの草紙。
 山の神の靱(うつぼ)。 猿正宗。
 しっぺい太郎の猿神退治。 日本の猿神伝説。 中国の猿神伝説。
 

 
  亥の子祭り。
 

 旧暦十月、亥の日の亥の刻に行われ、亥の子の祝い、単に亥の子、また亥猪(げんちょ)とも言います。稲の収穫祭として亥の子の神を祭る西日本に多く分布する行事です。

 猪の多産にあやかり、亥の月(十月)の初めの亥の日の亥の刻(午後九時から十一時)に、新穀でついた亥の子餅を食べ、無病と子孫繁栄を祈る年中行事でもあります。
また「亥の子節供は夕節供」という里諺があるとおり、子供たちの行事もすべて夜行われました。江戸時代、市中では、この日に炉や炬燵を開き、火鉢を出し始める習慣があったそうです。

 もともとは中国から伝わった行事で、日本では平安時代頃から行われ始め、宮中ではこの日に亥の子の形をした餅(亥の子餅)を献上する儀式があり、これが次第に民間でも行われるようになりました。
 亥の子餅は玄猪ともいい、室町時代には、白・赤・黄・胡麻・栗の五色の餅でしたが、近世には小豆の入った薄赤色の餅となり、やがて牡丹餅となった。

関西では特に盛んで、「女の子祭り」、「女の子節供」として行われています。
 農村では、亥の子の神は田の神であると信じられていましたが、「亥の子」の名の由来ははっきりしていません。十月の望の日(十五日)がもともと休みとされていたこと、また、一二か月に順次十二支をあてはめていく暦では一月が子からはじまり、十月が亥の月にあたる事が関係しているようです。

 公家の社会では、亥(猪)、つまりイノシシはたくさん子を産むところから産育の神様とされ、平安時代の文献にはこの日に亥の子餅をついて祝ったとあります。
 女の子餅は「玄猪」とも書いて 「ゲンチョ」または 「ゲンジョウ」とも読むので、それを誤って読んで「ゲンジュウ」とも言うようになり、宮中の女の子餅は「厳重餅」と呼ばれました。
 そして多産の神はすなわち豊作の神に通じるところから、次第に農村にも稲の刈り上げの行事として広まり、また、商人も多産を商売繁盛につなげて祝うようになりました。

 十月に亥の日は二回または三回ありますが、普通は初亥を祝いました。
もっとも江戸時代になると、初亥の日は武士、第二の亥の日は農民、第三は商人というように分かれて祝ったようです。
 なかでも、商人中心の大坂では商人が第二の亥の日を祝ったと言います。
また、佐賀県あたりでは、女性が子どもを産むことと田植えが本来女性の役割だったことから、初亥を女性の亥の日としています。

 亥の子の祝いが行われる旧暦十月上旬は、季節的には米の収穫が終わる時期にあたり、稲刈りが無事に終了したことを田の神様に感謝する収穫祭、つまり刈り上げ祝いの行事として、特に西日本で盛んに行われました。
農村では、亥の子の神を田の神とし、田の神を祭る行事、収穫祭として祝うところが多かったようです。
 中国地方などでは、二月の初めての亥の日も「春亥の子」として祝いをする風があります。鳥取県下では、二月の亥の日を春亥の子といって祝い、神がこの日に田に降り、十月の亥の日に帰るとしています。亥の子の神は、春現れて田の稲を守り、秋の取り入れの後に帰ると考えられていたのです。