お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十月ー亥の子突きと動物のお話。


 ◆一月 ◆二月 ◆三月 ◆四月 ◆五月 ◆六月 ◆七月 ◆八月 ◆九月 ◆十月 ◆十一月 ◆十二月 

 十月の行事ー亥の子突きと動物のお話。 おくんち。 亥の子祭り。 亥の子突き。 
十日夜(とおかんや)と案山子上げ。 お十夜。
 狼の眉毛。 聞耳頭巾。 雀、雀。 ネズミの浄土へころころりん。 猫とネズミの草紙。
 山の神の靱(うつぼ)。 猿正宗。
 しっぺい太郎の猿神退治。 日本の猿神伝説。 中国の猿神伝説。
 

 
  御九日。
 

 御九日は、九月の九日、十九日、二十九日に行われる収穫祭としての秋祭りをさし、「三九日」とも呼ばれ、その日の祭礼をいいます。
 重陽の日(旧暦九月九日)を、秋の収穫祭とするところは全国的に多く、その日に行われる祭りを尊んで、九日に「お」をつけた「お九日」がなまったものです。御九日は御供日・御宮日とも書きました。しかし、御九日は必ず、九の日に行われるとは限らず、九州北部ではおくんちという呼称は、単に祭りといった意味合いになっています。
 御九日の祭りの祝い方は地方によって様々ですが、赤飯・小豆飯を炊き、米の粉でつくった餅を飾ったり、「三九日粥」という粥を作ったりします。またところにより、菊酒を神棚と仏壇に供えるとか、ソバを作るとか、甘酒を作ったり、あるいは、中風にならないまじないにナスを食べるなどいろいろの風習があります。
 三回のお九日を「刈り上げ節供」と言って、刈った稲と鎌を供えるならわしが各地にあり、田の神はこの日の餅を食べて、翌日、山へ帰る旅に出ると言います。秋田県では、九日や十九日ではまだ収穫には早すぎるので、二十九日に行います。それでも実際の収穫にはまだ早いため、新潟県では一丁十九日を「神刈り上げ」と言って、神の収穫祭だけを行い、各家ではそれぞれの収穫の日に合わせて「内刈り上げ」の祭りをします。
 蛇踊りや傘鉾など豪華な飾りつけと踊りで有名な長崎のおくんちや、趣向をこらした曳山で有名な佐賀県唐津のおくんちも、もとは刈り上げの収穫祭だったそうです。


  長崎おくんち 十月七日〜九日。 長崎市西山町、諏訪神社。
   長崎諏訪祭りが正式名で、九州北部に多いおくんち祭礼の中でも最もにぎわいを見せる祭りです。
 寛永十一年(一六三四)、諏訪神社前で丸山の遊女が舞いを奉納したのが祭りの起源といわれ、キリシタン弾圧政策として、幕府がこの祭りを利用したため、年々盛大なものになっていきました。
 十月七日未明、諏訪神社本社で遷座式があり、諏訪・森崎・住吉の三基の神輿を拝殿に奉安したのち、各町内の氏子が社前で、愈丁鉾を先頭にいろいろな奉納踊りを披露します。踊りは外国の影響を受けたものや、時々の流行芸を取り入れたものなど、実に多種多彩で、特に蛇踊り・傘鉾・川船などが有名です。    
 七日午後一時になると渡御(おくだり)式が行われ、三基の神輿が二〇〇段の石段を一気に駆け下り、そのあと大波止の御旅所に渡されます。
 八日は有名な竜踊りがあり、神輿は九日の朝まで御旅所にとどまり、市中を練ったあと午後一時、諏訪の長坂を一気に駆け上がって本社に還幸します。