お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
九月ー重陽の節句とお月見。
 
  十三夜、後の名月。
 

 旧暦の毎月十三日の夜を「十三夜」と言いましたが、九月十三日の夜は特別で、古くからこの夜、月を観賞する風習がありました。
十五夜に対して、「後の名月」とも呼びます。また、十五夜を芋名月と言うのに対して、「豆名月」「栗名月」と言います。十五夜とおなじように団子や柿など果物を供えますが、このころにちょうど収穫期を迎える大豆と栗が供え物の主役となります。

 十三夜の月祭りは日本固有の風習であり、十五夜のように中国由来のものではありません。
 醍醐天皇の時代、延書十九年(九百十九)の九月十三日に、観月の宴が催されたのが始めだとも、宇多法皇がこの夜の月を無双と賞したことによるともいわれますが、はっきりしたことはわかっていません。

 九州北部では、「女名月」と言って、この日は女性がいばることのできる日としています。
 徳島県では、中秋の名月に対して十三夜を「姥月」と言って、年をとった女性に見たてる呼び名もあるようです。
 長野県では「小麦名月」と言って、この夜の天気がよければ次の年の小麦が豊作になるとします。
 このように、十三夜は明らかに豆や栗、小麦などの畑作物の収穫祭としての性格をもっています。

 また、十五夜に月見をして十三夜にしないことは、「片月見」、「片見月」と言ってきらわれ、十五夜の月見をしたら、翌月、必ず十三夜にも月見をして祝うものだとされていました。
 江戸では、十五夜によその家に観月の宴に招かれたあと泊まったりすると、十三夜にも泊まらなければならないとされていました。

 この日も十五夜とおなじように、子どもたちが団子を盗んだりもらい歩いたり、他人の畑から無断で作物を取ってきたりしてもとがめられない習慣があります。
 長崎県の対馬では、この夜の月を豆名月と呼び、他人の畑から大豆を取ってもよいとされていました。
 栃木県には「ぼ−じ棒打ち」という行事があり、子どもたちが大勢で、ワラや芋の茎を束ねて作ったぽ−じ棒で地面をたたき、「ぼ−じばっくり、山芋、大麦あたれ、小麦あたれ、三角ばったのソバあたれ」と歌いながら、村中を回ってお金や団子やおはぎをもらって歩きます。
 また長野県には、この夜の天気で来年の農作物の出来を占う風習も残されています。