お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
九月ー重陽の節句とお月見。
 
  十五夜のお月見。
 

 旧暦の八月十五日(新暦の九月中旬〜下旬)の夜は十五夜と呼ばれ、その夜に出る月を「中秋の名月」と言って、昔から月見をする風習が盛んでした。
 旧暦では秋を七月、八月、九月とし、それぞれ初秋、中秋、晩秋と呼びました。そして、旧暦では十五日は満月にあたり、その日を特に八月節・中秋節と言いました。

 昔は、月の満ち欠けによって、おおよその月日を知り、農事を行いました。十五夜の満月の夜は祭儀の行われる大切な節目でした。

 中秋の名月を鑑賞する風俗は、中国では唐の時代から知られていて、ウリや果物を月に供え、ケイトウの花を飾って、月餅(クルミなどを入れたあんを小麦粉で包んだ菓子)を特別にこの日のために作って食べながら、中秋の名月を鑑賞する風習が盛んでした。

 日本でも、満ち欠けする月を眺めて物思いにふける風潮が昔からあって、平安時代の貴族の間に取り入れられ、武士や町民へと次第に広まりました。
 平安時代には貴族のあいだで、月を素材として歌をよんだり、観月の宴を開いて詩歌管弦の遊びをすることが盛んとなっていました。
 鎌倉時代から江戸時代にかけても、宮中では月見の宴が催されていました。月下に酒宴を張り、詩歌を詠じ、すすきを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、神酒を供えて月をながめて楽しんだそうです。
 こうしたことから、「源氏物語」に出てくる須磨、明石をはじめ、住吉、難波、信濃の姥捨山、近江石山寺など、歌や俳句によくよまれる月の名所が生まれたのです。