お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
九月ー重陽の節句とお月見。
 
  重陽。
 

 五節句の一つで、旧暦九月九日の節会。菊の節句・九月節句とも言います。
 重陽は、易でいう陽数の極である九が重なることで月の数と日の数に重なることから「重陽」、「重九」と言ってめでたい日とされていました。

 昔、中国では奇数を陽の数としていたので、陽の極である九が二つ重なる九月九日は、大変に目出たい日とされました。この日、高い丘などに登って、邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾り、菊の花を浮かべた酒を酌みかわして祝いました。また、女性は莱葵(しゅうゆ、和名=かわはじかみ)の実を頭にさしはさむと邪気を祓うとされました。このような邪気をはらうための野外飲食は、三月三日の節供などとおなじ意味がありました。
 日本へは平安期の初めに伝わり、宮中の儀礼となり「観菊の宴(重陽の宴)」が催されました。天皇は臣下とともに季節の花である菊の酒をくみかわして長寿を祝い、杯に菊花を浮かべた酒を酌みかわし、群臣に詩歌をつくらせ、一日を楽しみました。

 また、江戸時代には五節供の一つに定められ、最も公的な性質を備えた行事になり、諸大名は江戸城に登城して将軍に祝詞を述べるようになりました。武家ではこの日、菊の花を酒にひたして飲み、祝ったという。また、民間では粟御飯を食べる風習がありました。

 この風習が庶民のあいだにも広まり、東京浅草の観音堂では菊供養が行われるようになりました (現在では十月十八日。)
沖縄県ではチクザケと言って菊酒を祖先の霊前にささげ、収穫終了後の骨休みとします。また、菊とともに栗も重要な供え物で、栗飯を作って食べます。