お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
九月ー重陽の節句とお月見。
 
  風祭り。
 

 八朔は旧暦八月一日頃に吹く強い風もいい、収穫前の稲の大敵として、農家の厄日(三大厄日)と恐れられていました。

 ちょうど、立春から数えて二百十日目の九月一日ごろは、昔から台風が日本列島をしばしば襲い、それを「二百十日」、その十日後を「二百二十日」と呼び、農家ではこの二つの日を厄日として、特に二百十日の前七日間を「前七日」と言って用心してきました。

 昔の人々は、大風は風の神が起こすものだと信じていました。
 この時期はちょうど稲の花が咲き、実がつく頃で、風で稲が倒されないよう、花が散らないよう神に祈る祭り「風祭り」「風祈祷」「風日待ち」などを行いました。

 神奈川県では、八月二十八日を「風祭り正月」として、村中の者が仕事を休み、神社の境内に集まって、大風が吹かないように祈り、みんなでごちそうを食べます。これは、風祈祷のために神前におこもりをし、神様に供えた食物を神様と一緒に食べる神人共食の名残りです。

 長野県では、二百十日の前日に「トウセンボウ」という風祭りを行ったそうです。そのときに「でっかい嬶(かかあ)ほしや、二百十日の風除けに」と歌いながら、獅子舞や神楽で神を慰めました。そして、風が吹いたときには風の神を切ってしまおうとして、屋根の上に鎌を取り付けました。この鎌のことを「風切鎌」と呼ぶそうです。

 奈良県の法隆寺の五垂の塔の上にも、二本の風切鎌がつけられています。
 また、長野県の別の地方では、屋根の上に高い棒を立て、大きな袋を取りつけます。これは、風の神をこの袋でつかまえてとじこめてしまおうとするものです。
 東北地方では「南風祭り」と言って、男女二体の人形を作って川に流したり、村境まで持っていって焼いたりします。
 これは風の神という悪霊を人形に移し、流したり焼いたりして悪霊を退散させようとするためです。

 風祭りで最も有名なものは、奈良県の竜田神社の風鎮祭です。大和盆地のこの神社のある場所は、大阪湾から吹き込む風の最も強いところで、天御柱・国御柱の風の神二柱を祭り、現在では六月二十八日から七月四日まで、伊勢太神楽、竜田神楽、湯焚きなどが奉納されます。
 九月一日から三日にかけて、富山県八尾町で行われる「風の盆」は、やはり暴風を吹かせる悪霊を踊りにのせて送りだそうとする風祭りです。