お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
八月の行事ーお盆と閻魔様のお話。
 
タノミ。
  タノミ。
   八朔の日の行事を、田実「タノミ」または「タノミの節供」、田の実・たのも節句、「タノミの祝い」とも言います。
 タノミは「田の実 (米のこと)」、稲の豊かな実りを祈る事、そしてタノミはまた「頼み」とも書きます。
 頼みは、ユイ(結)と呼ばれる共同で農作業をする仲間の関係を収穫期を前にあらためて確認し、感謝の気持ちを表すために、初めて収穫した田の実を互いに贈り物にする習慣を言います。
 転じて、君臣相頼む(たのむ)の意にかけて、主従の間の贈答を意味するようになりました。
 鎌倉後期より、武家社会でもこの風習が取り入れられ、江戸時代には、徳川家康の江戸入城が天正十八年八月朔日だったことから、幕府の重要な式日となりました。諸大名や直参旗本は白唯子を着て登城し、将軍家へ祝詞を申し述べる行事が行われました。
 また、農家では、この日以降、下男下女の夜なべが始まり、辛い日々が待ち受けていたため、「八朔の苦餅(八朔の泣きまんじゆう)」といって、この日は、ぽたもちを食して祝いました。
 この風習は、鎌倉時代には武士のあいだにも広まりました。
 封建的な主従の関係を確認するために、臣下が主家のところにあいさつに行き、馬や太刀を贈り物にしたのです。
 江戸時代になると、徳川家康が江戸城に入ったのがこの日であることから、それを祝って常府から朝廷に馬を献上し、一方、講大名は白帷子を着て江戸城に脊城し、太刀を将軍家に贈ったと言います。
 町民も赤飯を炊いて祝い、羽織姿で、日ごろ恩を受けている人のところへあいさつにでかけました。
 そのとき、ショウガをもっていく習慣もあり、埼玉県や群馬県では、今でも嫁や婿が柴のついたショウガをもって実家や仲人を訪問するため、「生姜節供」と呼ばれています。
 また、武士が馬を贈る風習をまねて、農民にも米の粉で作った馬を贈る習慣が広まり、「馬節供」の名が生まれました。
 香川県では、初めて男の子が生まれた家では、ハツウマと言って米の粉でできた馬を飾ります。
 福岡県では、初節供を迎える男の子のいる家ではワラ馬人形(ワラで作った馬に紙の武者人形を乗せたもの)女の子なら団子雛(もち米粉で作った人形など)を飾り、親戚や知人には馬や人形の絵を描いた紙に「八朔賀」と喜き、馬団子という餅を添えて贈ります。
 京都では八朔を「姫瓜の節供」と言い、ウリに白粉や紅で目鼻を描いて遊ぶ風習がありました。このことは、『枕草子』にも「美しきもの、瓜に書きたる児の顔」と出てきます。盆や七夕のときに飾るキュウリやワラで作った馬とおなじように、祓いの意味をもっていたようです。
 また江戸の遊里、吉原では、この日は紋日となっており、遊女たちが、そろって白無垢の小袖を着て、客席へ出たり、おいらん道中を行ったりしました。これは元禄年間、遊女高橋が白無垢のまま病床から客席に出たことから始まったといわれています。
 また、京都祀園では、古くからのしきたりで、八朔には芸妓・舞妓らが盛装して、踊り・笛などのお師匠さんや出入りの茶屋などへ挨拶に回ります。
 最後に、八朔は旧暦八月一日頃に吹く強い風もいい、農家にとって厄日(三大厄日)として、収穫前の稲の大敵として、恐れられていました。