お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
八月の行事ーお盆と閻魔様のお話。
 
八朔。
  八朔。
    古く農家では、その年に取り入れた新しい稲などを、主家や知人などに贈って祝い、同時に豊作祈願・予祝などの行事を行いました。のち、この風習が町家でも流行し、この日に上下貴賎それぞれ贈り物をする習慣を生み、祝賀と親和を表すようになりました。
 「八朔」の八は八月、朔は一日の事です。旧暦の八月一日は新暦の九月ごろにあたり、「八朔」、「八朔節供」として祝う風習があります。この日を「八朔盆」と言って、盆の終わりとする地方もありますが、多くの地方にとっては、盆の行事が終わって初めて迎える朔日のことです。
また、このころは、春からずっと続いてきた農作業も一段落して収穫を待つばかりとなるので、取り入れを前に一日農作業を休んで、豊作を祈願します。初めて実った稲の初穂を神に供え、残った穂も豊作になるように祈る「穂懸け」の儀式を行います。
穂懸けは、地方によって稲の生育に早い遅いがあるために時期は一定していませんが、秋の彼岸、社日、十五夜などに行われる地方もあります。
 岡山県の穂懸けの行事は、八朔の日に田んぼの稲を三把刈り取り、二把は田んぼの中に立てた竹に掛けます。
残りの一杷の米で焼米を作って田の神に供えます。
大分県では「作頼み」という名称で、「八朔餅」と呼ばれる餅をつくと同時に、一家の主人が早朝に田んぼに行って「頼みます、頼みます」と言いながら、お神酒を供えて回ります。
途中で行き合う人ごとに酒をつぎ合うので、自分の田んぼすべてを回り終わるころにはすっかり酔っばらってしまうということです。
福岡県では、稲を一株刈り取って庚申さまに供え、田んぼに酒をまきます。
 また、八朔には餅やまんじゅう、赤飯などを食べる習慣があります。
そして、半更生(六月末から七月上旬)からは夏の著さを避けるために許されていた昼寝が、この日以後はやってはいけないことになっており、そのうえ、夜は夜で夜なべ仕事を始めなければならない決まりとなっていました。
そのため、「八朔の苔餅」、「泣きまんじゅう」、「泣き飯」、「八朔は婿の泣き節供」などという言葉が生まれ、農民や奉公人にとってはうれしくない節日でもあったようです。