お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
八月の行事ーお盆と閻魔様のお話。
 
盆竃。
  盆竃。
   盆の時期に、河原や道端、寺の前などにご飯を炊く竃を築き、食事を作ってみんなで食べる楽しい行事が全国にあります。これを「盆竃」「川原飯」「辻飯」「門飯」などと呼びます。
 この行事の由来は、食べることのできない餓鬼にも食物をあげようということにあるようです。
 静岡県の伊豆地方では、十四歳の少女が主人役になって、畑から作物を無断でとってきて小豆飯を炊き、小さな子どもたちにごちそうします。この行事が終わると一人前の女性になった印に腰巻を着けることができることから、この行事には成女式の意味があったのかもしれません。
 これは、子ども、特に少女が中心になって行うところが多く、もっと小さい女の子がまねをしたのがままごとだと思われます。
 島根県の隠岐ではゲーカマゴト、岡山県ではボニクドと言うのがままごとの方言です。