お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
八月の行事ーお盆と閻魔様のお話。
 
七日盆と七夕。
  七日盆と七夕。
   旧暦の七月は盆の行事を行う月です。
先祖の霊を迎えて祭る祖霊祭りを行う盆の中心の日は十五日ですが、その始まりは関東から中部地方にかけては一日とされ、「釜蓋朔日」などと呼びます。また、そのほかの多くの地方では七日を始まりとして、「七日盆」と呼びます。
 祖霊祭りの前七日間は、神を迎えるために厳重な物忌みをしなければなりません。その点、日本では七月七日は、中国から伝わった牽牛と織女の星祭りというよりも、盆の期間の一部で、けがれや災厄をはらう楔の行事を行う日という意味合いが強いと思われます。
 タナバタという言葉も、ハタは神を迎える依代としての旗、タナは神を祭る祭壇である棚からきているとする考え方もあります。
 しかし、時代とともに盆の期間が矩くなって、一般に七月十三日から十五目までが盆と考えられるようになり、また中国から伝来した星祭りが普及したこともあって、七月七日が七夕の行事として独立したものと考えられます。
 七月七日の行事には、水に関係する行事がたくさんあります。
七日の夕方に七回水浴びをするのがならわしの地方や、なるべく早くから水浴びをするとよいと言って、子どもたちが前の日から河原に泊まり込んで朝の三時ごろから川に入る地方もあります。
 人間だけでなく、広島県では「牛の盆」と言って、牛を川で洗います。これらはすべて、水を浴びることによってけがれをはらう楔の風俗のあらわれです。
 牽牛・織女の伝説とは逆に、この日にはかならず雨が降り、雨によって清められるとする言い伝えもあります。
 また、祖霊でもある七夕様が乗ってこられる馬として、ワラやマコモで「七夕馬」や「草刈り馬」「迎え馬」と呼ばれるものを作り、門口につるしておいたり、草刈りに持っていって赤飯を供えたりします。