お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
七月-羽衣伝説と異類結婚譚。
 
土用。
  土用。
 

 五行説では、木は春、火は夏、金は秋、水は冬とされていますが、土には前の季節を滅ぽし、次の季節を育む役割があてはめられ、土用はそれぞれ九十日ある春夏秋冬の四季の終わりの十八日間を言います。
本来は立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ前十八日が土用にあたり、年四回ありますが、現在では夏の土用だけを指しています。

 また、土用の最初の日を「土用の入り」(新暦では七月二十日ごろ)、最後の日を「土用明け」(新暦で八月七日ごろ)と言うが、そのあいだを「暑中」と言います。
 この期間は夏の盛りの最も暑いころで、「土用照り」という言葉もあります。このころは、土をいじったり殺生することは禁じられ、身を清め、物忌みをしなければならなかったそうです。また、「土用干し」と言って衣類の虫干しをするのもこの時期でした。土用の三日日
を「土用三郎」と言い、この日に雨が降れば凶作に、晴れなら豊作にな
るとされました。

 土用はまた暑くて病気がはやりやすい季節のため、「寒」と同じよう
に、健康を考えてさまざまな養生をする季節でした。この頃にする
灸を「土用灸」と言い、ほかの季節よりも効果があると信じられていました。

  土用の丑の日。
 

 土用中の丑の日を「土用の丑の日」と言い、この日にウナギを食へると食養生になると言われています。ウナギは『万葉集』の大伴家持の歌に「石麻呂に われもの申す夏やせに よしというもの鰻漁り食せ」とあるように奈良時代から夏やせに効果があるとされていましたが、江戸時代に「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、平賀源内が鰻屋に頑まれて看板に書いた宣伝文から特に盛んになったとされています。
 この宣伝文には諸説あり、定まっていないようです。

参考
 「 ○日は、土用の丑の日です。」
 「今日は土用の丑の日、うなぎ召しませ。」
 「本日土用丑の日」
 「土用丑の日ウナギの日」