お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
六月-海と水辺の物語。
 
更衣(ころもがえ) 六月一日(旧暦四月一日と十月一日)。
  更衣(ころもがえ) 六月一日(旧暦四月一日と十月一日)。
 

 更衣(ころもがえ)は季候に合わせて、衣服を着かえる習慣で、宮中で「更衣」が女房の位を指すようになったため、民間では「衣替え」と書かれるようになりました。また「衣更」とも書きます。
 新潟県や長野県の一部では、六月一日を衣脱ぎ朔日といい、新たに夏服を着て神詣でをする日としていました。また岩手県では、剥け節句と呼んで、蛇が皮を脱ぐ日としました。この日、蛇が皮を脱ぐので、桑畑に行ってはならないとの言い伝えがあるそうです。
そしてこの日は、鬼の骨と呼ばれる干し餅を食べて歯固めをした。
 このような習俗は、北関東から東北にかけて各地に伝承され、現在行われている六月一日の衣替えは、もともとこうした習俗が基礎になっていると考えられています。

 更衣は、平安時代以降、宮中で定着しました。当時は旧暦四月一日と十月一日を更衣の日とし、四月一日になると冬装束から夏装束に替え、十月一日になると再び冬装束に替えました。その頃、四季に応じた衣装はまだなく、下着などで調節したといわれています。
 江戸時代になると幕府が、四月一日からあわせ袷小袖、五月五日からは一重帷子麻布、九月一日から袷小袖、九月九日から綿入小袖などと定めました。その頃から更衣は六月一日と十月一日となり、太陽暦採用後もそのまま引き継がれました。
 戦前は、軍人や警察官も学生と一緒に衣替えをし、現在でも六月一日になると、中学・高校などでは夏服に衣替をしているところが多いようです。
 習慣ですので、決まった日はなく、沖縄県などでは四月一日・五月一日・十一月一日と違う日に行われているようです。