お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
十月ー亥の子突きと動物のお話。


 十月ー亥の子突きと動物のお話。 おくんち。 亥の子祭り。 亥の子突き。 
十日夜(とおかんや)と案山子上げ。 お十夜。
 狼の眉毛。 聞耳頭巾。 雀、雀。
 ネズミの浄土へころころりん。 猫とネズミの草紙。
 山の神の靱(うつぼ)。 猿正宗。
 しっぺい太郎の猿神退治。 日本の猿神伝説。 中国の猿神伝説。

 
  雀、雀。
    「舌切り雀。」は日本五大昔話の一つに数えられています。 原話を「宇治拾遺物語」の「腰折れ雀。」としているものもありますが、物語としては別物と考えられています。
  「舌切り雀。」は、舌を切るというエピソードと、雀のお宿、宝のつづらと化け物のつづらのイメージが強く、お爺さんへの報恩譚と言うイメージがありますが、実際の物語は、お爺さんが雀のお宿を尋ねていく、という、異境訪問譚とされています。
  「舌切り雀。」 
    昔がありました。
  お爺さんとお婆さんがありました。お爺さんは山へ行き、木の枝に弁当を掛け柴を刈りはじめました。しばらくしてお爺さんが弁当を食べようとすると、弁当が地面に落ちています。不思議に思ったお爺さんがフタを開けてみると、中には一匹の雀が眠っていました。
「この雀が食べてしもうたか。 良い、良い。」
お爺さんはこの雀を連れて帰ると、「おちょん」と名前をつけて大事に育てました。

晴れたある日、お爺さんが芝刈りに行った留守に、お婆さんは洗濯しようと糊を煮ました。
「おちょん、川に水を汲みにいくから、この糊を隣の猫に食べられないよう、番をしておいておくれ。」
お婆さんはおちょんに糊の番を頼んで川へ水を汲みに行きました。しばらくしてお婆さんが戻ってみると糊が無くなっていました。
「おちょん、のりはどうした?」
お婆さんが隣の猫の口を見ると、何もついていませんでしたが、おちょんのくちばしには糊がくっついていました。お婆さんは腹がたって、腹がたって、おちょんを捕まえると、ハサミでくちばしをつつき、舌を切ってしまいました。おちょんは驚き、空の向こうへバタバタと飛んで行ってしまいました。

お爺さんが帰ってくると、おちょんがいません。お婆さんに聞くと、「糊を食われたんで、腹が立って舌を切ったら逃げてしもうた。」と言います。お爺さんはおちょんがかわいそうで、探しに行きました。
  おちょん雀はどこ行った
  舌切り雀はどこ行った
  あ〜れ、かわいや、どこいった

お爺さんはおちょんを探しながら歩いて行くと、 牛洗い様がいました。
「牛洗い様、牛洗い様。ここを舌切り雀がとおらなかったですかいの?」
「通った、通った。」
「教えてくだされ、牛洗い様。」
「よしよし、牛を洗ろうた汁を大きな器に十三杯、小さな器に十三杯、 飲んでみせれば教えてやろう。」
お爺さんは牛洗い様の言う通り、ごくごく牛を洗った汁を飲みました。
「爺さ、良く飲んだ。 この川を上って行けば馬洗い様がおる。たずねてみなされ。」
 お爺さんはおちょんを探して川を上って行きました。

  舌切り雀はどこ行った
  おちょん雀はどこ行った
  あ〜れ、かわいや、かわいやな
お爺さんはおちょんを探しながら歩いて行くと、馬洗い様がいました。
「馬洗い様、馬洗い様。ここを舌切り雀がとおらなかったですかいの?」
「通った、通った。」
「教えてくだされ、馬洗い様。」
「よしよし、馬を洗ろうた汁を大きな器に十三杯、小さな器に十三杯、 飲んでみせれば教えてやろう。」
お爺さんは馬洗い様の言う通り、ごくごく馬を洗った汁を飲みました。
「爺さ、良く飲んだ。 この川を上って行けば菜洗い様がおる。たずねてみなされ。」
お爺さんはおちょんを探して川を上って行きました。

  おちょん雀はどこ行った
  舌切り雀はどこ行った
  あ〜れ、かわいや、どこいった
お爺さんはおちょんを探しながら歩いて行くと、 菜洗い様がいました。
「菜洗い様、菜洗い様。ここを舌切り雀がとおらなかったですかいの?」
「通った、通った。」
「教えてくだされ、菜洗い様。」
「よしよし、菜を洗ろうた汁を大きな器に十三杯、小さな器に十三杯、飲んでみせれば教えてやろう。」
お爺さんは菜洗い様の言う通り、ごくごく菜を洗った汁を飲みました。
「爺さ、良く飲んだ。この川を上って行けば大きな竹薮がある。かわいい雀は藍の着物、赤い前掛け、赤いたすきで稲を刈っておる。」
お爺さんはおちょんを探して竹薮の中に入って行きました。

竹薮の中には、大きな蔵が七つある立派なお屋敷がありました。お爺さんが戸口に立つと、チチチチと雀の声がしました。
「お爺さん、お爺さん、よく尋ねて来てくださいました。どうぞ、お入りください。」
お爺さんがお屋敷に入ると、おちょんが着物を着て待っていました。まわりには藍の着物に赤い前掛け、赤いたすきの雀たちが座っていました。おちょんはお爺さんを屋敷に招き入れると、ご馳走をしてもてなしました。お爺さんが安心して帰ろうとすると、おちょんが呼び止めました。
「お爺さん、お世話になったお礼です。おおきなつづらが良いですか?ちいさなつづらが良いですか?」
「わしはもう年じゃか