お話歳時記

七夕の星に願いをこめて、その一。

  七夕伝説は中国古来の民間伝承で、揚子江へ北から南へ注ぐ漢水周辺の恋愛歌謡や伝説が、夜空の天の川を隔てた鷲座の一等星(牽牛星・アルタイル)と琴座の一等星(織女星・ベガ)に仮託されて生まれた伝説とされています。

  記録として織女の名前が見えるのは、紀元前千年頃、殷代末期の「大載礼記」「夏小正」です。

  織女と牽牛の名前は周代(紀元前1046-紀元前256)の「詩経」(孔子前551-前479)の時代には成立していたものと考えられます。

  七夕の話として記載されているものは、六朝時代(222-589)の「荊楚歳時記」(六朝の梁(502-557)・宋懍(そうりん)の著)となっています。

  もともと七夕伝説は口頭伝承のため、さまざまな形があります。 織女の原型も西王母とされているため、中国創世神話が元とも考えられていて、成立時期の特定はされていません。

 「荊楚歳時記」中のお話は、「働き者の天帝の娘・織女は、天帝のはからいで同じく働き者の河東に住む牛郎と結婚したが、二人は怠け者となってしまいました。 怒った天帝により川の東(牽牛)と西(織女)に 引き離され、一年に一度、七月七日の夜だけ会う事を許されたのです。 それから七夕の日になると、鵲(かささぎ)の群れが飛んできて、天の川に翼の橋をつくり、二人の逢瀬を助けています。」という標準的なものです。

  また「荊楚歳時記」中には、お話とともに乞巧節(きこうせつ)という年中行事の説明があり、それは織女にちなみ、七夕には瓜をそなえ針に糸を通して、裁縫・手芸に巧みにならんと願い乞う行事でした。

  日本への伝来も確定出来ませんが、記録には日本書紀・持統五年(691)七月七日条に七夕の行事が催され、翌年にも同様の記録があります。 また、元明朝の続日本紀和銅三年(710)七月七日条には瓜の献上があったらしく、文武百官が賀辞を奏上した、とあります。

  七夕伝説は日本では主に歌として詠まれ、日本最古の漢詩集「懐風藻」には六編の七夕詞がのっています。 この中には養老四年(720)没の藤原不比等のものも収められています。 また万葉集には七夕歌として約百三十首が収められています。

  七夕歌は天武九年(680)柿本人麻呂歌集にすでに収められ、その頃すでに皇室を中心に上流階級で詠まれていたと考えられ、万葉集中のものは行事による宴の中での作とされています。 ちなみに宮中で詩宴を行ったと言う記述は、続日本紀・天平六年(734)七月七日条に聖武朝、聖武天皇が行ったとあります。

万葉集の七夕歌から類推できるお話と「荊楚歳時記」のお話との違いは、
  1  織女がタナバタツメに、牽牛が彦星とされている。
  2  彦星が船で天の川を渡って行く。
  3 織女は彦星の着る服の布を織っている。

などで、反対に織女が船で彦星に会いにいくもの、
彦星を渡らせるために織り機の踏木を使うもの、
そのまま橋を架けるものもあるようです。

  「鵲の橋」は後代、拾遺集、1089、清原元輔作の天の川扇の風に露晴れて空澄み渡る鵲の橋と、詠み込まれるようになります。この頃には「荊楚歳時記」中のお話は一般的に知られるようになったようです。

  七夕伝説は早くから日本に伝来し、日本では独自の発達をしたようです。 日本では古くから、神の妻となるため水辺に柵を設けて織機を据え、稀人神を待ちながら、稀人神のために機を織る聖女を、タナバタツメ(棚機つ女)と呼んでいました。それが中国の七夕伝説と重なり、万葉集の七夕歌や日本の七夕伝説となったようです。

  七夕歌は南北朝の時代になると七百首和歌や七十韻連歌・連句となり、七調子の管絃、七献の酒など、七にちなむ種々の遊び、七遊が行われるようになりました。 江戸時代には五節句が法制化され、七夕の節句(しちせき)も式日と言う今の祝日にあたる休日となり 願い事を書いた五色の短冊を、笹の葉に下げる七夕行事も広がって行き、いろいろなお祭りが生まれていました。

  お話としては民間の習俗などが取り入れられ、さまざまな変化をし、「古今集註」や御伽草子「七夕物語」として書かれています。

「牽牛織女。」

  大空には天界があります。

  夜になるとたくさんの星がきらめき、その中に天の川が流れていました。 天の川の東には天帝の娘、織女が暮らしていました。

  織女は雲霧消兼という美しい布を織るのが仕事でした。 毎日、明けても暮れても、杼を動かし布を織り、ぱたんぱたんと、機の音が響かない事はありませんでした。

  織女はただ機を織り続けるだけで、日々を追われるように過ごしていました。 他の天女のように、髪をすく事も、顔をととのえる事も、出来ませんでした。まして、誰かと知りあう事など、かなわぬ夢でした。

  天帝はそんな我が娘が不憫でした。毎日骨の折れる仕事ばかりで、いまだに独身で暮らしている。 誰か良い人が出来れば、他の娘のように、晴れやかな気持ちになれるだろうに。

  天の川の西に、牽牛と言う牛飼いが暮らしていました。 牽牛は織女におとらぬ仕事熱心な男でした。

  天帝は天の川に橋を架け、織女を牽牛にめあわせました。 織女は牽牛を見るなり、ひと目で気に入ってしまいました。 織女の心は急に華やかになり、踊るような心地になりました。 髪をすき顔を整え服も華やかなものになりました。 機の仕事も、気持ちの良いように進みました。 織女は牽牛の側にいる事が楽しくてしかたありませんでした。 仕事を終えるのが待ち遠しく、仕事を終えると橋を駈け渡り、牽牛のもとへ飛んで行ったのです。

  もう織女は牽牛から離れられなくなっていました。

  朝、橋を渡ると、日の暮れる一日が狂おしいほど長く感じられました。 機を織る手が止まりがちになり、目はいつの間にか天の川の向こうの牽牛を探していました。 牛の鳴く声が聞こえると立ち上がり、しばらくぼうっとするようになっていました。 そして、日の高いうちから織女は橋をわたり、牽牛のもとにいる事が多くなっていったのです。

  織女が仕事をなまけ、夫と過ごしている事は天帝の知る所となりました。織女の仕事は大きくとどこおっていました。 天帝として、織女を罰しなければなりませんでした。 天帝は織女と牽牛を引き離し、天の川に架かる橋を壊しました。 そして、一年に一度、七月七日の夜だけ、二人が会う事を許したのでした。

  織女には再び一人で機を織る日々が始まりました。 天の川のほとりに立っても、向こう岸は見えませんでした。 牛の鳴き声が聞こえた気がしました。 しかしもう、天の川に架かる橋はありませんでした。 織女は機を織りました。 毎日毎日機を織り、七月七日の夜を待ちました。

  そしてついに七月七日となりました。

  織女は天の川のほとりに立ちました。 川はいつものように光が流れ、向こう岸は遠く見えませんでした。 織女の目にはいつの間にか涙が溢れていました。 仕事をおろそかにした自分を、天帝が許していないのかもしれない。 このまま、永久に牽牛とあえないかも知れない。 織女の涙は天の川の光となって流れて行ったのです。

  鵲が飛んできました。一枚の羽を落として行きました。 その後から羽をくわえた鵲が何千何万と飛んできて、羽を落として行きました。

  鵲の落としていた羽は、天の川の上を舞い橋をつくりました。 織女は、羽根の上に足を置いてみました。 彼女の顔がぱぁっと明るくなりました。 そして、羽の橋を向こう岸へと駈けていきました。

               「牽牛織女」

  鵲の橋は、別の説話で、鵲は天帝が「七日に一度」と言ったのを誤って七月七日と伝えたため二人を助けている、とも書かれています。

  最後に「たなばたさま」。
  昭和に入ってからの文部省唱歌です。

  たなばたさま
          作詞者 権藤花代・林 柳波 
          作曲者 下総皖一 (文部省唱歌)
  1 ささの葉 さらさら
    のきばにゆれる
    お星さま  きらきら
    きんぎん 砂子
  2 五しきの たんざく
    わたしが かいた
    お星さま きらきら
    空から見てる

  さて、星を見ながらどんな願い事をしましょうか?

◆ 補記 ◆

牽牛と織女星の見つけ方。
アストロアーツ https://www.astroarts.co.jp/special/2019tanabata/index-j.shtml

万葉七夕歌ー七夕を詠んだ歌
楽しい万葉集 https://art-tags.net/manyo/tanabata/index.html

◇七夕伝説は「楚辞」「文選」「続齋諧記」等にも記録があるそうです。 また「述異記」中のものは明代の張鼎思(ちょうていし)「琅邪代酔篇(ろうやだいすいへん)」に引く文によるもの、とされ、現在の「述異記」には入っていないそうです。

◇江戸時代に七夕の式日が決められるまでは、不幸のなかった家では、七月七日より八月十五日の間に親や目上の人の健在を祝う酒宴が行われていたそうです。 お盆に対する敬老感謝の日と父の日、母の日ですね。
(柳田国男 「年中行事覚書」ー節句は節供が正しい より。)