大歳の客ー須佐之男命と茅の輪。

「大歳の客」の原形とされる説話は二つあります。

一つは「常陸国風土記」筑波郡、もう一つは「備後国風土記」逸文です。

「常陸国風土記」筑波郡の記録では、

古老のいえらく、昔、神祖の尊、諸神たちの處に巡り行でまして、駿河の国福慈の岳に至りまし、卒に日暮に遇ひて、遇宿を請欲ひたまひき。

此の時、福慈の神答へらけく、
「新粟の新嘗して、家内物忌せり。今日の間は、ねがわくは許し堪へじ」
とまをしき。

是に、神祖の尊、恨み泣きて詈告りたまひけらく、
「即ち汝が親ぞ。何ぞ宿さまく欲りせぬ。汝が居める山は、生涯の極み、冬も夏も雪ふり霜おきて、冷寒重襲り、人民登らず、飲食な奠りそ。」
とのりたまいき。

更に、筑波の岳に登りまして、亦客止を請ひたまひき。

此の時、筑波の神、答へけらく、
「今夜は新粟嘗すれども、敢へて尊旨に奉らずはあらじ」
とまをしき。

爰に、飲食を設けて、敬び拝み神祗み承りき。是に、神祖の尊、歓然びて謳ひたまひしく、
    愛しきかも我が胤(すえ) 巍(たか)きかも神宮
    天地と竝齊しく 日月と共同に
    人民集ひ賀ぎ 飲食富豊く
    代々に絶ゆることなく 日に日にいや栄え
    千秋萬歳に 遊楽窮じ
とのりたまひき。

是をもちて、福慈の岳は、常に雪ふりて登臨ることを得ず。

其の筑波の岳は、往集ひて歌ひ舞ひ飲み喫ふこと、今に至まで絶えざるなり

と記されています。

神祖の尊が富士の神に一夜の宿を乞うた所、富士の神はことわり、筑波の神は快く迎えた。

そのため、富士は人の通えぬ荒涼とした山となり、筑波山は四季折々に人々の集うところとなった、という説話です。

この「常陸国風土記」筑波郡に、「神祖の尊(みおやのみこと)、諸神(もろがみ)たちの處(ところ)に巡り行でまして、」と記される神は、須佐之男尊と考えられています。

須佐之男命は、天界で悪行をした後、根の堅須国へ追放されます。

「日本書紀」巻1神代 上 第七段 一書第三に、
  既にして諸の神、素戔鳴尊を責めて曰く、「汝が所行甚だ無頼し。
  故、天上に住むべからず。
  亦葦原中國にも居るべからず。
  急に底根の國に適ね」といひて、乃ち共に逐降ひ去りき。
  時に、霖ふる。
  素戔鳴尊、青草を結束ひて、笠蓑として、宿を衆神に乞ふ。
  衆神の曰く、
  「汝は是躬の行濁悪しくて、逐ひ謫めらるるものなり。
   如何にぞ宿を我に乞ふ。」といひて、逐に同に距く。
  是を以て、雨風甚だふきふると雖(いえど)も、とどまり休むこと得ずして、辛苦みつつ降りき。
としるしてあります。

この神話をひいて「常陸国風土記」筑波郡 も、『備後国風土記』逸文 もあるのです。

「蘇民将来と茅萱の輪。」

冬の嵐がごうごうと吹きすさぶ夜道を、笠と蓑をかぶった男が、西へと歩いて行きました。

ぎしぎしと雪を踏みしめながら、足を前へと出すのですが、雪はますますつもり、歩くのがしだいに難しくなっていきました。

雪の中、ふいに、蔵がいくつも並ぶ大きな家が見えました。

男はその家の門を叩き、一夜の宿を乞いました。

しかしその家の主は、その男を見たとたん、追い出して戸を堅く閉ざしてしまいました。

男は仕方なく、雪の中を西へと歩いて行きました。

その村の外れに蘇民将来と言う男が暮らしていました。

生活は貧しく、妻と幾人かの子供がありました。

家の中に戸板のすき間から雪が吹き込んできました。

蘇民将来は、すき間を防ごうと外に出ると、目の前に笠をかぶり、蓑をかぶった大男が立っていました。

その男の髪の毛は長くバサバサに伸び、ヒゲは胸までありました。

目が異様に輝き、手の爪はふしくれだっていました。

しかし雪の中を何時間も歩いたのか、体は濡れて凍え、顔には疲れと苦悶の表情が浮かんでいました。

「土間でかまわぬ。 すまぬが一夜、宿を貸してもらえぬか?」

男は紫色の口を震わせながら頼みました。

蘇民将来は男の異様な姿に恐れがありましたが、この雪の中に放り出せば死んでしまうかも知れない、と考えました。

「・・・どうぞ、お入りください。」

蘇民将来はその男を家の中に入れました。

蘇民将来は男を火の側に招きました。

そして妻に、わずかばかりの食べ物を料理させ、男に差し出しました。

男は少し驚いた様子でしたが、頭を下げると、その料理を口に運びました。

こわばった男の顔が和らぎ、頬に血の紅みがさしました。

蘇民将来の子供達は、見知らぬ男が珍しいのか、ちょこちょこと側に寄り、男を見上げました。

男は、蓑にしていた茅萱を抜くと、器用に馬や人を作り、子供達に差し出しました。

蘇民将来の子供達はそれが嬉しかったのか、茅萱の玩具をもって走り回りました。

吹雪はいつの間にかやみ、不思議にその夜の闇は、暖かな夜となったのです。

夜が明けると蘇民将来は男に、新しい蓑と編んだ藁沓、粟の握り飯を手渡しました。

男は深々と頭を下げると、雪の中、また西へと旅立って行きました。

それから何年かしたある夜の事です。

蘇民将来の家の戸を叩く音がしました。

蘇民将来が戸をあけるとそこにはいつかのあの男が立っていました。

「いつぞやは世話になった。
  入ってもよろしいかな?」

蘇民将来は久しぶりに会った友達のように満面の笑みを浮かべ、中へと招き入れました。

男は笑い、

 「お前達、お土産を運びなさい。」

と言うと、後から子供が八人、米俵や餅、酒、魚、布や醤油、味噌などを運び入れたのです。

家の中は蘇民将来の子供と、男達の子供で一杯になりました。

そして囲炉裏の側で、雑煮を食べ、酒や魚を食べました。

笑いの中で男が口を開きました。

「村の大きな家に、あなた方の子供はいまいか?」

妻が答えました。

「娘が一人、嫁いでおります。」

男はその言葉を聞くと、茅萱を手に取り、クルクルと輪を一つ作りました。

そして妻に手渡すと、
 「今から出向いて、この輪をその娘に渡してください。
 そして腰にしっかり結びつけるように言ってください。
 そうすれば、災いから免れるでしょう。」と言いました。

妻は不審に思いましたが、男の言う事なので、娘の所へ出向き、娘の腰に茅の輪を結びました。

翌朝、男と八人の子供は東に旅立とうとしていました。

そこに娘が青ざめた顔で駆け込んできました。

娘はガタガタ震えながら、両親に話しました。

「昨日、かあさんが帰った後、家のものが一人、倒れました。

青い顔で唇を真っ青にして、冷たい汗をかき、凍ったように冷たくなって死んでしまったのです。

それから、一人、また一人と倒れて行き、朝までにはみんな死に絶えてしまいました。

村では、疫病かと大騒ぎになっています。」

そう言うと、娘は母にすがって泣きました。

側で聞いていた男は娘の肩に手をやり話しはじめました。

「もし、この先疫病が起こる事があっても、我は蘇民将来の子孫であると名乗り、その茅の輪を身に付ければ、疫病から逸がれる事が出来る。」

そして茅の輪を、蘇民将来や妻、その子供たちにも渡しました。

「私は素戔鳴の神である。後々まで富み栄えよ。」

その言葉を残して、男とその八人の子供たちは、東へと消えて行きました。

蘇民将来と妻達はしばらくぼぅっとしていましたが、我に返ると手分けして茅の輪を作り村人の身に着けさせました。

そのため村人は疫病に倒れる事なくすんだのでした。

その後、蘇民将来は富み栄え、人々は疫病が流行ると蘇民将来の子孫と名乗り、茅の輪をつけるようになりました。

            『備後国風土記』逸文 より。

作中には入っていませんが、男ー武塔の神は南の海の神の娘と結婚するため途中で宿を求めた事になっています。

『備後国風土記』逸文は茅の輪の由来譚として、また素戔鳴尊の信仰の中心となっている神話です。

実際に素戔鳴尊は京都八坂神社に祭られ、祇園祭、茅の輪くぐりと、今でも重要な信仰となっています。

また素戔鳴尊の妻、奇稲田姫尊が歳徳神とされていて、「大歳の客」の物語に重要な役割りを持つ神霊です。

これに八岐大蛇ー火ー金属の精製で、ほとんど「大歳の客」イメージがそろいます。

素戔鳴尊が根の国の主ですが、死の国から新しい再生をもたらす神でもあるようです。

補記

疫隈国社(えのくまのくにつやしろ)ー広島県芦品郡新市町戸手江熊 疫隈神社

備後国風土記』逸文 は疫隈国社の縁起として書かれています。

芦品郡新市町は地理的に出雲へ向かう分岐点となっています。

南に川を十数キロ下ると鞆の津。 九州への海路となります。

また蘇民将来の弟の名前を巨旦将来とするものもあります。

京都八坂神社

七月三十一日、祇園祭の最後の行事として、京都八坂神社で「茅の輪くぐり」が行われています。

ちなみに八坂神社の神殿下には、龍穴があるとされています。

茅の輪と茅の輪くぐりー参考
http://www5c.biglobe.ne.jp/~sakuragi/page008.html
http://www.heianjingu.or.jp/02/0301.html
http://www.u-kan.jp/chinowa.htm

案内

疫隈国社(えのくまのくにつやしろ)=現素盞嗚神社

現住所ー広島県福山市新市町大字戸手1-1

新市町観光協会。

 
Google
Web pleasuremind.jp