お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
端午の節句と山姥。
母の日。
  母の日 五月の第ニ日曜日。
 

 日頃の母親の苦労をいたわり、母の恩に感謝する日で千九百八年、アメリカで始まりました。
 メソジスト教会信者のアンナ・ジャービスという少女が、母の命日に、亡き母を偲ぶ会を催し、この時、白いカーネーションの花を霊前にたむけ、教友に分けたのが始まりだといわれています。
 その後、千九百十四年、ウィルソン大統領の提唱でアメリカ議会の決議を得て、五月の第二日曜日を母の日と定め、母親の徳をたたえることになりました。

 日本で初めての母の日を祝う行事が行われたのは明治の末期頃で、千九百十五年(大正四年)に教会で祝われ始め、徐々に一般に広まっていったと伝えられています。
 日本では戦前、三月六日の皇后誕生日(地久節)を母の日とし、婦人会などを中心にいろいろな行事が催されていましたが、戦後、昭和二十四年頃から外国の例にならって、五月の第二日曜日に行うようになりました。
また、一般に広く知れ渡ったのは千九百三十七年(昭和十二年)森永製菓が告知を始めたことをきっかけだったとされています。
 母の日を象徴する花はカーネーションで、母が存命の人は赤、いない人は白を胸につけます。


  カーネーション。
 

 カーネーションは英名carnation、学名Dianthus caryophyllusで、ナデシコ科ナデシコ属の多年草。オランダナデシコ、ジャコウナデシコなどなどとも言われます。

 原産地は南ヨーロッパおよび西アジアの地中海沿岸とされ、語源は「冠飾の花 coronation flower」が変化してモカーネーションモになったとされています。
また、原種の花の色(濃いピンク)から、ラテン語の「incarnation(肉色)」が語源との説もあります。

 花言葉は「あらゆる試練に耐えた誠実、良き競争相手、純粋な愛情、貞節、若い娘、感覚、感動、純粋な愛情」

 色による花言葉は、
  カーネーション 赤「母の愛情」
  カーネーション 白「私の愛情は生きている」
  カーネーション 黄「軽蔑」
  カーネーション 絞り「愛の拒絶」
 と、なっています。

  青い色のカーネーション。
 

 サントリーと、オーストラリアのフロリジン社が遺伝子組換えで青いカーネーション、ムーンダストを作りました。
 花言葉は、「永遠の幸福」。

◆ムーンダスト公式ホームページ。
 http://www.moondust.co.jp/