お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
端午の節句と山姥。
八十八夜。
  八十八夜。
   雑節の一つで、立春から数えて八十八日目の日。千九百八十五年から二千二十年まで立春が二月四日のため、その間は毎年五月二日になります。
 日本独特の暦日で、遅霜の時期でもあり、「八十八夜の毒霜」「八十八夜の泣き霜」「八十八夜の別れ霜」等と言われ、特に新芽を出して成長しつつある農作物にとってこの時期の霜は非常に害が大きいため、特別に暦に入ったとされています。
もともと八十八夜は農事上の重要な節目で、古くから茶摘み苗代の揉み蒔きなどの目安とされていました。
おなじみの「夏も近づく八十八夜♪」の歌は、明治四十五年の文部省唱歌(尋常小学唱歌)の「茶摘」で、京都の宇治田原村の茶摘歌をベースにしているとされています。
 また、この日に摘んだ新茶は上等なものとされ、この日、お茶を飲むと長生きすると言われ、八十八夜茶とも言われています。正式には1684年官暦(貞享改暦)に渋川春海によって記載されたのが最初となりますが、1656年の伊勢暦には記載されている事から、それ以前から八十八夜の言い伝えがあり、それを雑節にしたのではないか?と考えられています。
 この日の行事は「水口祭り」と言われ、正月の粥占いに使った粥招き棒を苗代の水口に立て、それに種もみの残りで作った焼米をのせる風習が全国で広く行われ、焼米を鳥が早く食べる年は豊作だと言われています。
 また、卯月八日に山に行って採ってきておいた花を飾るところもあります。
 長野県などでは、この日に粥を炊いて田の神にささげます。また、新潟県佐渡では、桟俵(米俵の両端の円いふたの部分)を棒にさして苗代に立て、霜除けのまじないとします。
  茶摘み。
  文部省唱歌
      明治四十五年(千九百十二年)「尋常小学唱歌 第三学年用」
一、
  夏も近づく八十八夜、
  野にも山にも若葉が茂る。
  「あれに見えるは茶摘ぢやないか。
  あかねだすきに菅の笠。」
二、
  日和つづきの今日此の頃を、
  心のどかに摘みつつ歌ふ。
  「摘めよ、摘め摘め、摘まねばならぬ、
  摘まにや日本の茶にならぬ。」