お話歳時記

五月の行事ー端午の節句と山姥。

牛方と山姥。

  牛方の勘助は、沢山の塩鯖(しおさば)を牛の背に積み、山向こうの大きな村へ売りに行きました。 その途中、高い峠をのぼりきった所で勘助は一人のお婆さんに会いました。「勘助、その塩鯖を一匹くれ。」勘助はなぜ自分の名前を知っているのかといぶかりました・・・。

続きを読む。

喰わず女房。

  むかしむかし、勘助と言う男がいました。 桶屋をしていましたがケチでケチで、お酒を飲むのは人のおごり。嫁をもらえと言われても、「飯を食わぬ嫁さんならもらうぞ。」と、オウムのように言っていました。 暮れも押し詰まった、ある夜の事です。
   桶屋の戸を叩くものがありました・・・。

続きを読む。

女房(あば)の首。

  むかし、てで(夫)とあば(妻)の夫婦ものがありました。 ある時、てでが帰って来たところ、家の中に鬼がどっかと座っておりました。 そして、あばはどこにもいなかったのです。 鬼は帰って来たてでを見ると、てでを突き飛ばし、外に飛び出して行きました。
  着物の切れはしがほんの少し残っていました・・・。

続きを読む。

五月のお話。

五月の行事とお祭り。

四月三十日〜五月六日 くらやみ祭 大國魂(おおくにたま)神社 東京都府中市営町
五月一日 メーデー
五月一・二日 春のどぶろく祭り(飛騨一宮水無神社例祭)飛騨一宮水無神社 岐阜県高山市一之宮町
五月二日頃 八十八夜(雑節)水口祭り
五月三日 憲法記念日(国民の祝日)
五月三・四日 博多どんたく(福岡市民の祭り博多どんたく港まつり) 福岡市 【問】福岡市民の余り振興会
四月五日頃 清明(二十四節気)
五月三〜四日 博多どんたく(福岡県) 潮干祭り(愛知県)
五月三〜五日 日立風流物(茨城県)
五月四日 国民の休日 五月忌み、女の家、ふきごもり、女の晩、女の天下(愛知県、徳島県、高知県など)
五月五日 子どもの日(国民の祝日)端午の節供(菖蒲湯、菖蒲打ち、印地打ち) 凧揚げ節供(神奈川県、静岡県など)神野山山のぼり(奈良県)
五月六日頃 立夏(二十四節気)
五月第二日曜日 母の日
五月中旬 三社祭り(東京都)
五月十四日〜十五日 神田祭り(東京都)
五月十五日 葵祭り(京都府)中旬土日をはさんだ一週問 神田祭 神田明神 東京都千代田区外神田
下鴨神社 京都市左京区下鴨泉川町 上賀茂神社 京都市北区上賀茂本山
五月二十一日頃 小満(二十四節気)
五月第三土〜日曜 浅草三社祭 浅草神社 東京都台東区浅草
五月二十五日 鶴岡化けものまつり(鶴岡天神祭)鶴岡天満宮 山形県鶴岡市神明町)
五月二十八日 曾我の曽我の傘焼まつり 城前寺神奈川県小田原市曽我谷津
五月二十八日頃 雨乞い祭り(埼玉県)