お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
四月ー旅立ちの時。
 
十三参り。
  十三参り。
 

 もとは陰暦の三月十三日に、十三歳になる少年少女が京都市嵯峨嵐山の法輪寺の虚空蔵菩薩に盛装でお参りした行事で、別名を「知恵もらい」とも言います。
奈良市高樋の弘仁寺、福島県柳津の円蔵寺、茨城県村松の日光寺、三重県朝熊山の虚空蔵菩薩でも行われ、四月十三日の地方もあります。
七五三に準ずる行事として各地に広まり、関西では十三参りの方が良く行われています。

 十三歳という年齢は、干支が一回りした年で、もともと最初の厄年でしたが、苦から子どもが成人になるひとつの節日と考えられていて、一月十五日が男子の成人式となっていったのに対し、主として女子の成人式と位置づけられ、「十三祝い」と言って女子が初めて腰巻をつけ、お歯黒をつけて結婚の資格があることを披露する行事も行われました。

 そして、それぞれの地方の有名な寺や神社に参拝する風習があったところへ、福徳と知恵を授ける仏とされた虚空蔵さんの十三日の縁日が結びついて、この年中行事が生まれたとされています。

 境内では十三種類の菓子を売っており、それを虚空蔵さんに供えてから子どもに食べさせました。
 京都嵯峨の虚空蔵さんでは、お参りの帰りに後ろを振り返ると、せっかく授かった知恵を返してしまうことになるから、渡月橋を渡り終えるまで振り返ってはならない、という言い伝えがあります。

虚空蔵嵯峨嵐山法輪寺
http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/
法輪寺行事案内
http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/gyoji.html
京都嵐山法輪寺
ハhttp://www2.odn.ne.jp/~cbx41100/sub207.htm