お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
四月ー旅立ちの時。
 
お花見。
 

お花見。

   桜の花を見るため、お弁当お酒持参で山野に出かける行事です。桜以外の花を見にいくことは、その花の名前をつけて「梅見」「観梅」「観菊」などと言います。
 もともと、サクラのサは田の神・穀霊、クラは神座(神のいる場所)という意味があり、サクラは田の神が高い山から里に降りてくるときに、いったん留まる依代となる常緑の木や花の 咲く木を表しました。
桜の花が稲の花に見立てられ秋の収穫の占いに使われることから、サクラの代表として、桜の木があてられるようになったのです。
 春になって桜の木に降りてきた神様を料理と酒でもてなし、人間も一緒にそれをいただくことが、花見の本来の意味でした。
つまり、単なる人間の楽しみではなく農耕に結びついた大事な人示教的行事だったのです。
 この日は、神様の祭りのために農作業を休まなければならない物忌みの日と位置づけられていました。
千葉県の一部では三月三日に花見の勧進という行事が行われ、西日本では、旧暦三月三日あるいは四日(徳島県では「四箇の悪日」と言います)、東日本では、四月八日が花見の日とされていました (東北地方では 「四月八日」、「花見八日」と言います)。
 地方によって日が違うのは、南北に長い日本では、風土によって桜の花の咲く季節が三か月以上も違うからなのです。
日本では里の神様は氏神様。ある一定期間を過ぎた先祖が一つの神様、祖霊となって山に登り土地や人を見守ると考えられていました。
 山の神様は年越しの夜、年神様となって家々へ訪れ幸せをもたらし、新年最初の卯の日、山へと帰り、それから、冬の間じっと眠って春の訪れを待ちます。
 四月八日、春になると里人は山の神様を迎えに山にはいります。山に登り花を摘む、それが花見とされました。
 家では長い竹の先にしゃくなげ、つつじ等の花束をつけて庭に立てたそうです。東西に長い日本では桜の開花が一様ではなく、山で摘んだ他の花だったのかも知れません。
 この行事は農耕開始前に山の神を田の神・作神として迎え、その年の豊作を願った花のお祭りでした。
桜となったのはいつの頃からかわかりませんが、平安時代以前、舒明天皇の国見がそれにあたるのではないか?と考えられています。
 満開に咲いた桜の花びらは、一つ一つが魂で、風にのって里におり、稲の一つ一つの稲魂となります。そしてお米となって、人の生命をつなぎ、秋の亥の子のお祝いとともに山に帰り、年越しの夜、福をもたらしに家々の戸を叩くのです。
  花の祭り 卯月八日。
   現在では、四月八日はお釈迦様の生まれた日を祝う潅仏会としてよく知られていますが、本来は、「卯月八日」「四月八日」「花見八日」「山慰み」「お山始め」などと言って、山の神が田へ降りてくるのを迎える祭りの日でした。
 卯月八日の行事は、田植えに先立って山の神を山から迎える行事で、同時に山の神とおなじと考えられていた先祖を祭ることでもありました
そのために、この日は田畑に出て仕事をしてはならない日とされていて、「卯月八日に種まかず」と言われます。
また、この日に風に当たるとかびが生えるとか、子どもが生まれないなどと言って、若いお嫁さんを実家に帰すところもあったようです。

 卯月八日には、「山遊び」「天道花」「祖霊祭り」という三つの行事があります。

 「山遊び」は、一般に「春山入り」と総称され、山の神様を迎えるために高い山に登ることです。奈良県の吉野地方ではこの日を山開きとし、それ以後でないと山に登りませんでした。京都の比叡山はふだんは女人禁制で女性は山には登れませんが、この日だけはふもとの花摘社に参詣することが許されました。
 また、山に登るだけでなく、花を摘んで帰るというのも、全国各地にみられる風習です。新潟県では藤、奈良県ではツツジの花を持ち帰り、苗代の水口に立てる「水口祭り」をします。
 「天道花」は、「八日花」「高花」とも言い、高いさおの先に花を結びつけて家の外に立てておく風習で、主に西日本で広く行われています。
花はウツギ、ツツジ、シャクナゲ、藤などで、高いさおの先につけるのは、山の神が里に降りてくるときに留まる依代とするためです。
 さおは高ければ高いほどよく、花と一緒にすりこぎを入れておくと男の子が生まれるとか、高くあげると鼻の高い男の子が生まれるなどと言われます。
また、この花を八日のうちに降ろさないと女の子の結婚に差しっかえるとか、雨に当たるとその年は不作だとも言われます。
 和歌山県では、高花とは別に家族の数だけ短い竹に花をつけたものを「夏花」と言って飾り、お盆まで毎日新しいものに取り替えます。
この祖霊祭りは、山の神・田の神も本来は先祖の霊と考えた古い日本人の宗教観に、濯仏会の影響が加わって仏教的色彩が強まったものです。
 兵庫県では、新仏のある家では嫁に行った娘がこの日に帰ってきて、墓参りをする「花折始め」という風習があります。
また、仏壇に供える花は、山へ行って摘んできた花でなければいけないとされるところもあります。
  記紀神話の木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)。
   桜を意味する木花の名前を持つ毘売命。水神とされ、バナナ型の死の起源説話を持ち、大山津見神の娘で、邇邇芸命の妃、海幸彦と山幸彦の母にあたります。火中で子供を生んだため炎のイメージをも持っています。さくらは佐久夜がなまったものともされています。
 近世に富士山の神として祭られ、日本全国の浅間神社で祀られますが、それは鎮火の意味だそうです。

邇邇芸命 「ににぎのみこと」。天照大御神の孫。
 大国主神から地上を譲り受けた天照大御神の命で、三種の神器(剣、勾玉、鏡)やお供の神々とともに、高千穂の峰に下った神。大山津見神の娘、木花之佐久夜毘売と結婚し、海幸彦、山幸彦をもうけたとされています。
邇邇芸命は、「ににぎ」が稲穂が立派に成熟する様を意味していることから、農業神として信仰されています。

 神話上の木花と稲穂の関係です。

大山津見神 「おおやまつみのかみ」、または「大山祇神」。
 伊邪那岐神・伊邪那美神の子で、木花之佐久夜毘売命の父、天照大御神の兄にあたります。木花之佐久夜毘売命とともに、酒造業者の間で信仰を集めてもいます。
  桜の語源。
   「サクラ」の名称の由来は、
「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされ、元来は花の密生する植物全体を指したと言う説。

富士の頂から、花の種をまいて花を咲かせたとされる、「コノハナノサクヤビメ(木花之開耶姫)」の「さくや」をとって「桜」になった、と言う説。

桜(さくら)の「さ」
は稲(サ)、早苗(さなえ)・早乙女(さおとめ)・皐月(さつき)・さなぶり(田植えを無事に終えたことに感謝し、田の神を送る農耕儀礼)の「さ」と同じ意味を持ち、稲田の神霊(サはサガミ(田神)のサ)「穀霊」を指すとされます。

桜(さくら)の「くら」
は、磐座(いわくら=神の鎮座なさる場所。「いわ」は堅固な、という意)の「くら」と同じ。
したがって、「さ・くら」は、「穀霊の鎮座するもの」「稲穀の神霊の依る花」の意で、春に里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)だからサクラであるとも考えられています。
  桜占い。
   桜の花の咲く様子、散る様子で稲の実りを占うのは、全国に見られた習俗でした。和歌山県西牟婁郡大搭村では、「ワセの山桜が多く咲く年は、早稲がよく実り、オクテの山桜が多く咲く年は、オクテの稲がよく実る」と言い伝えがあるそうです。

 桜の開花によって農作業の時期を計ったものとして、「田打桜・種播き桜・苗代桜」などがあります。「種播き桜」は辛夷(こぶし)の花を指して言うこともあります。

 折口信夫氏(1887〜1953)は,『花の話』(1928)の中で「花と言ふ語は、簡単に言ふと、ほ・うらと意の近いもので、前兆・先觸れと言ふ位の意味になるらしい」と云っています。雪は「米の花の前兆」であり,雪を「稻の花」と呼んで,秋の稲作を占ったように,古代人は山に生えている桜を,後には庭に植えた「家桜」を眺めて「稻の實りを占った」。ですから「花が早く散ったら大變である」。こういう解釈をした折口氏は,古代人の桜に対する態度は「実用的」で,奈良時代には桜の花を 賞した歌が無いことを指摘しています。

  参考 宇治拾遺物語 十三 「田舎の児(ちご)桜の散るを見て泣く事」

 現在の桜の占いとしては、桜の花が散る頃に、その下でハンカチ等をひろげて、自分の占いたい事を目を閉じて三回唱え、そのあと広げたハンカチなどを閉じます。入っている花びらが奇数なら吉、偶数なら・・・だそうです。
  桜の花言葉。
  「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」
(シダレザクラ)「優美」
(ヤマザクラ)「あなたにほほえむ」
  3月27日 さくらの日。
  「3(さ)×9(く)=27」の語呂合わせで、日本さくらの会が1992(平成4)年に制定しました。
日本さくらの会
  http://www.sakuranokai.or.jp/chishiki/index.html