お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
三月ー花と少女の物語。
 
山遊び,磯遊び。
  山遊び
   昔から日本人には、忙しい農耕や漁労の仕事に入る前の春の一日を、野山や海辺に出て遊んだり飲食するならわしがあり、労働を休まなければならない物忌みの日(悪日、節日とも言います)の一つでした。
 古い時代には旧暦三月三日に行われた行事で、温暖な地方では三月三日、寒い地方では四月八日などに、「山遊び」「磯遊び」と言って、みんなで野や山や海に出て遊ぶ風習がありました。
 現在でも、こうした風習は全国的にみられます。
 春という季節は、山の神が里に降りてきて田の神となり、農業が順調に行われることを見守ってくれる季節で、秋にはまた山に帰っていくと信じられていました。その神は、死んだ祖先の霊魂でもありました。
 昔は人が死ぬと魂は屋根の棟(むね)に昇り、村はずれの一本の木に宿り、そのあと一年たつと山に行って神になると考えられていたのです。
祖先の霊が、ときには山の神になったり、田の神になったり、水の神に姿を変えて現れるというわけです。
 この山にでかける山遊びは、神様を迎えにいく風習が形を変えたものです。 山に入って村人がみんなで飲んだり食べたりすることはまた、神と人が一緒に食事をすることであり(神人共食)、直会(なおらい)をすることだったのです。
 大阪府や奈良県でも、この三月の節供を「花見正月」、「野辺節供」とか「花見」と言って、老人や子どもから大人まで、みんなそろって花が美しく咲きみだれた丘などに登り、ごちそうを食べて日がな一日野原で遊ぶ風習があります。今とおなじように、山遊びの場はおおらかな男女交際の場となっていて、若い男女が歌をよみ合って結婚の約束をしたりもしました。
 また、近畿や中国地方で広く行われている節日(せちび)に「春ゴト」というのがあります。これも激しい稲作の労働に入る前の、三月半ばの春の一日を野遊びにあてる風習です。
 奈良盆地などでは、これを「レンゾ」または「レンド」と呼び、三月から田植え前ごろまでの一日を、春休みの行楽にあてます。
 そして、ツツジなどの野山の花を持ち帰って苗代の水口に立て、水口祭りを行います。「レンゾの苦餅(にがもち)」とか、この日につく餅を「レンゾの蓑笠餅」などと言いますが、これはつらい農作業を前にして食べる餅の味を、このように言ったそうです。

  磯遊び
   三月三日、またはこの頃の大潮の日に家族で海辺に出かけて、飲食・踊り等をして遊ぶ事を言い山遊びや春ゴトと同じ意味合いをもった行事です。磯遊びは、磯祭り、海行き、浜降り等とも呼ばれ、昔は日本各地で行われていました。
 海に近い地方では、旧暦三月三日の節供や三月〜五月の大潮のときに家族総出で浜辺に出て磯遊びをしたものです。
 現在行われている潮干狩りは、この磯遊びが原型とされています。また、潮干狩りはもともと、流し雛、雛送りにに由来したもので、水辺に出て祓えをした行事の変化したものと考えられています。
 都会では雛人形を飾る雛祭りが発達したのに対して、磯遊びは九州西部や沖縄県の島々一帯などの海岸地方に最近までよく残っていました。
 沖縄では、「はまうり」等と言い、三月三日は家にいてはいけない日とされていて、村中の人がお弁当を持って海辺に繰り出し、楽しく食べたり踊ったりして過ごしたそうです。
 一方、東北地方でも、この日、女性や子どもが浜辺で草餅を食べるならわしがあったようです。  江戸時代の大坂では、三月三日の住吉の潮干狩りが有名でした。大坂だけでなく、近くの人々も集まって、手に手に熊手を持ち、笛太鼓、鼓、三味線などのお嚇子を乗せた船を漕ぎ出し、住吉の涌から堺の浦まで人で埋め早くすほどの盛況だったと伝えられています。
 また雛祭りには、はまぐりやあさりなどの貝類を供える事がありますが、これも磯遊びとの関係が指摘されています。