事の日。

事(コト)という言葉は、もともと、神事・祭事を表す意味で、二月八日と十二月八日の両方を、「事の日」「事八日」「八日節供」などと言います。

二月八日を「事始め」、十二月八日を「事納め」、あるいは逆に二月八日を「事納め」、十二月八日を「事始め」と言うなど、地方によって正反対の呼び方をします。

二月八日を「事始め」と言うのは、二月を一年の農作業の開始の時だとする考え方で、農村を中心に全国に広がっています。


もとは事の神を祭るための厳重な物忌みの日でしたが、いつの間にか、恐るべき悪魔の来襲する日だから慎まねばならないと考え、対象を悪神、鬼という風に感じるようになったとされています。

この日、静岡県伊豆地方では「一つ目小僧」、東北地方では「大眼」という大きな一つ日の妖怪が現れると言われています。

このため、その日は外にザルやカゴを出しておき、畑仕事や山仕事もせずに家の中に引きこもっていなければなりません。

ザルやカゴを出すのは、こうしたものには目がたくさんあるので、妖怪が驚いて紗げていくと考えられたからです。

また、関東地方では、この日には「ミカハリ婆」または「ミカリ婆」という老婆が来るとされています。

この老婆は、家ごとに戸をたたいて「蓑を貸してくれ」とうるさく言って回るのですが、戸口に団子を刺しておくと帰ってしまうのです。


行事としては、高い竿に屋外に立てて、その先に笊の類いを付けて魔除けとしてお事汁を食べる等ほとんど共通しています。

事に日には、みそ汁に芋、ゴボウ、大根、小豆、ニンジン、こんにゃく、豆腐などを入れた「お事汁」というものを食べます。

また、味噌の変わりに醤油を使用するのが従兄煮、むしつ汁等と呼びます。


事の日に決まって食べる豆腐・蒟蒻は、同じ日に使う針供養の食品としても欠かす事が出来ないもので、土地によっては針供養だけを行っている所も多くあります。

事の日に焼き豆腐を串に刺し、窓をふさいで妖怪が入らないようにする風習もあり、この日に豆腐を食べる仕来りと関係があると考えられています。



 
Google
Web pleasuremind.jp