二日灸。

旧暦の二月二日と八月二日に灸をするならわしで、この日に灸をすえると効能が倍加する等の俗信があり、俳句の季語ともなっています。

この日、近隣の名灸と称される灸師を訪ねたり、家庭内や近所同士で灸をすえあったりします。

もともとは節句の行事であったとされ、灸をすえぬもの全村休む風習の所もあります。

この日に灸をすると効果が高いとされ、山口県萩市沖の大島では、二月二日、八月二日を「やいと日」と呼んで、子供に灸をする風習が残っているそうです。

二月・八月二日に灸をすえる日に選んだのは、出替わりをこの日に行うのと同様、沈滞しがちな生命力に新しい活力を賦与するためと考えられています。

また、この由来を中国の天灸に求める説もあります。

中国の「天灸(てんきゅう)」は八月一日か十四日の行事で、子供の額に×+等の印を書いて無病息災のまじないをしたのですが、それが二日灸の起源とも言われていますが、はっきりした事はわかっていません。

秋田県男鹿地方、土佐では、正月二日を初灸の日と定めている所もあります。

この日に、松の葉を束ねたものに火をつけて村中を持ち歩き、夏出る悪い虫の害を防ぐためのまじないをする行事をヤイト焼きと言っている例もある事から、二日灸も同じようなものと考えられます。



 
 
Google
Web pleasuremind.jp