左義長とトンド。 一月十四日〜十五日。

左義長とトンドは、どちらも正月に行われる火祭りの行事を言います。


左義長は、もとは宮中で正月十五日、及び十八日に、吉書を焼いた儀式で、もと毬杖(ぎっちょう)を三つ立てた事から三毬杖、また三木張・散鬼杖とも書きました。

この行事は、清涼殿の東庭で、青竹を束ねて立て、毬杖三個を結び、それを扇子・短冊・天皇の吉書等を、結び添えて、陰陽師等が集まって、謡い囃しながら焼きました。

天皇はこれを清涼殿に出御して、ご覧になったそうです。

起源は不詳ですが、「弁内侍日記」や「徒然草」等の記事から、鎌倉時代頃に始まったと言われています。


トンドは主として小正月に行われる火祭りの行事です。

爆竹の音や火勢を形容するどんと・どんどん等という言葉の連想により、「とうどやとんど」という囃子詞がなまってとんど・どんど・どんど焼き等と呼ぶようになったと考えられています。

民間では多くは十五日に、長い竹を数本立て、正月の門松・注連縄、書き初め等を持ち寄って焼きました。

その火で焼いた餅を食べると、年中の病を除くと言われました。


「左義長」と言ういわれは不明ですが、とんどは歳徳の意味で、地方によって「とんど焼き」「どんと焼き」「さいと焼き」「オンベ焼き」「ホチョジ」などと呼ばれています。

「ホウジャリトンド」と言う囃子詞は、「穂出しやれ」の変化とされ、また、「ホッケンギョウ」は「穂献上」、尊い=とうとや、とうとや、と言う囃子言葉とされています。


火災防止のため江戸時代に都市部では禁止され、地方でのみ見られるようになりました。

お盆の送り火に対応して、お正月に迎えた年神様を送る行事、と考えられています。


各地方の左義長は、正月の松飾りを各戸から集めて、村境や広場、畑等の場所に焼き上げます。

主に子供のする事になっていますが、若者や大人が参加する例もあります。


神社では松焚祭・注連焼神事(神戸市生田神社・十六日)等の名で神事として執り行う例もあります。

特に東日本では賽の神あるいは道祖神と結びついた例が少なくありません。


左義長の芯になる柱は神聖な木である事から、長野県諏訪地方ではこれを「御竿」と言い、御竿伐りと称して山から伐り出し、十二・三日に御竿飾りをします。

山梨県韮崎地方ではご神木と言い、火祭りの際、神の依り代となる木という信仰でした。


左義長に書き初めを燃やす事は、宮中の御古書の左義長をはじめ民間でも広く行われていて、高く上がる程手が上がると言って喜びます。

寺子屋の普及とともに全国化したと考えられており、大阪府下で、左義長を天満書き(てんまがき)と称すのは、学問の神様、天神様を寺子屋に掲げるからでした。


左義長は神聖な木を焼く行事と言う事から、その火は清浄と考えられており、団子や餅を焼いて食べ、あるいは粥をこの火で似たのを村に配る風習もあります。

この火を若火と称して体をあぶると若返るとか無病息災になるとの信仰があり、残り灰を体にまぶして、そのまじないをする所もあるそうです。

竹が音高くはぜたり、灰や火の粉が天高く舞い上がると、世並みが良いと言って喜び、盛んに大火をたくのが各地共通の習わしです。

また左義長の燃え方で年占をする例も見られ、火を打ち合って勝った村が豊作に恵まれる等とも言います。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp