小正月の行事。

一月一日を大正月と言うのに対して、一月十五日を小正月と言います。

厳密には、十四日の日没から十五日の日没までを言います。

なぜ大小二つの正月があるのでしょうか。

大昔の日本では、月の満ち欠けによって満月から満月までを一か月としていました。

昔の人は満月をめでたいものの象徴としていたようで、この日を月の初めと考えたのでしょう。

そこへ、新月から新月を一か月とする新しい暦が中国から入ってきて、時の政府によってそれが公の暦となり、朔旦正月が正式な一年の初めとなったのです。

新しい暦では一日を「朔(ついたち)」と書き、月は新月のため太陽に隠れて見えませんが、十五日には満月となり、その日を「望(もち)」と書きます。

しかし、一般庶民のあいだでは古い暦がいつまでも生きていて、十五日も望の正月として祝われてきました。

そこで、元日を大正月、十五日を小正月と呼ぶようになったのです。

また、元日から十四日まで(現在では七日まで)を「松の内」と言うのに対して、十五日から月末までを削り花やまゆ玉飾りがあるあいだ、という意味で「花の内」という言い方もします。

大正月が正式の正月となるにつれて、小正月は豊作を占ったり、鬼追いをやったりと、大正月とは違う特殊な行事が中心になりました。

小正月の行事は、農耕に結びついて各地にいろいろなものが残っていますが、大きく分ける次の三つに分類できます。

  豊作祈願ー削り花、餅花、まゆ玉、成木責め、庭田植えなど。
  吉凶占いー粥占い、豆占い。
  悪霊払いードンド焼き、左義長、もぐら打ち、鳥追いなど。

また小正月は、お嫁さんが里帰りをしたり、大正月には忙しく立ち働いた女性たちもひと休みすることができるので、「女正月」とも言われます。

さらに後には、小正月のドンド焼きの火を年神を天に送り返す火と見るようになり、これをもって正月の終わりと位置づける見方も生まれてきました。

豊作祈願。

小正月の第一の行事は、一年間の農作業が順調に進み、秋には豊作となるよう祈るためのものです。

小正月を迎える前の祝い事として「削り花」「粟穂(あわほ)」「稗穂(ひえぼ)」「餅花」「まゆ玉」などを作って飾ったり、五月に行われる実際の田植えの様子をまねた「庭田植え」が行われます。

また、柿の木に実をならせるための「成木責め」、新婚そうそうのお嫁さんに早く子どもができるようにとの願いをこめた「嫁たたき」などといった愉快な風習もあります。

餅花・まゆ玉。

餅や米の粉を団子状に丸めてミズキ、ヌルデ、ヤナギなどの枝に花のように飾りつけ、室内に置きます。

もともと、稲の花を表したのですが、これを綿作地帯では「餅花」、養一蚕地帯では「まゆ玉」と言って、それぞれ綿の実がよくなるように、蚕(かいこ)がよくまゆを作るようにと祈ったのです。

また、ヌルデ、ニワトコ、ヤナギなどの柔らかい色の白い木肌を削って玉のように丸めたり、花の形に削った「削り花」や、ヌルデの木を一〇センチぐらいに切り、皮をむいて白くしたものをアワの穂に、皮付きのものをとヒエの穂に見たてた「粟穂(あわぼ)」「稗穂(ひえぼ)」を作って、アワ、ヒエが豊作になることを願いました。

庭田植え。

東北地方などでは、小正月に田植えのまねごとをして稲の豊作を祈る行事を行いますが、これを「庭田植え」、「さつき祝い」と言います。

一家の主人や年男が庭の雪にもみがらをまき、松葉などを苗に見たてて田植えの動作をします。

神社でも「御田祭り」「田遊び」などの名で神事として行うところがたくさんあります。

また、村の若者などが歌を歌い、踊りを踊りながら家々lを訪問する田植え踊りの風習もかつてはありました。

青森県に伝わる「えんぶり」もその一つです。えんぶりとは、田を平らにならす農具の柄振(えぶり)のことです。

成木責め。

農家に卑たいてい柿の木が植えられているものです。

小正月に家の主人とその長男、または男の子と女の子というょうに二人が組になって柿のところへ行き、「成るか成らぬか、成らねば切るぞ」、「成ります、成ります」などという掛け合いをしながら一人が木の幹に傷をつけ、もう一人がその切り傷に小豆粥を入れます。これも柿をはじめとする果実の豊作を祈る行事の一つでした。

もともとは傷をつけるのではなく、小正月の行事用にヌルデやヤナギの木で作った「祝い棒」でたたいたものでした。

この祝い棒は粥をかき混ぜたり、「嫁たたき」「鳥追い」にも使われました。


吉凶占い。

大正月の雑煮、七日正月の七草粥とおなじように、小正月には小豆粥を食べる風習があります。

うるち米に小豆を混ぜて炊いた粥に、多くの場合、粥柱と言って餅を入れて食べます。小豆粥には特別な力があって、これを食べると、一年間、病気や災難から守られるという信仰がありました。

また、粥の炊きあがり方によって、その年の農作物の作柄を占う重要な神事があったことなどが、小正月に小豆粥を食べるようになった理由のようです。

粥占い。

粥占いは、地方により「筒粥(つつがゆ)」「管粥(くだがゆ)」とも呼ばれ、普通神社で、大釜で粥を炊いて行われます。

細い青竹や茅の管をその土地でとれる作物の数だけ用意し、それぞれを早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)、陸稲(おかぼ・畑で栽培する稲)、大麦、小麦、アワ、ヒエ、大豆、小豆というように決めておき、管を束ねてぐつぐつ煮立った小豆粥の中に入れます。

管を引き上げ、その管を割き、中に入っていた粥の量や小豆の数によって、それぞれの作物がその年、三分作(平年の三割しか収穫できない不作)になるか、七分作になるか、万作(豊作)になるか、というように占うのです。

また、粥ではなく、豆を焼いて一年間の天候や作柄を占う「豆占い」をするところもあります。


悪霊払い。

ドンド焼き。

小正月の行事の三つめの意味は悪霊払いで、いまでも全国的に行われているものに「ドンド焼き」「モグラ打ち」「鳥追い」「キツネ狩り」があります。

ドンド焼きはトンドとも言われ、村人が共同して氏神様の境内やドンド場で大きなたき火をし、大正月に飾った門松や注連縄、正月の書き初めなどを各家から持ち寄って焼く火祭りの行事です。

ドンドの火にあたると若返るとか、ドンドの火で焼いた餅を食べると一年間病気をしないとか、ドンドの燃えさしの木切れを家の周りに刺しておくと虫除けになるとか、天井に燃えさしをつるしておくと火事にならないといったように、各地にいろいろな言い伝えが残っています。

現在は十五日に行うところが多いのですが、昔は大正月の始まりを大晦日の日没としていたのと同様に、十四日の日没から火をたき始めました。

ドンドの炎や煙に乗って、年神様が天へ帰っていくと信じられていました。

このような行事は全国的にあって、サギチョウ、サイトヤキやサイトバライなどとも呼ばれています。

サギチョウ(左義長)またはサギッチョウというのは、古くは 「三毯杖」とも書き、三本の毯杖の意味で、毯杖とは羽子板のもとともなった平安時代の男の子の遊び道具です。

これを正月に火にくべて吉凶を占う行事のことも、サギチョウと呼ぶようになったのです。

サイトと呼ばれているものは、長野県、山梨県、静岡県、新潟県などに多く、村の道祖神のお祭りと結びついている行事です。

道祖神は「塞の神」とも呼ばれ、サイトは道祖神を祭った場所の意味です。

村境いなどにある道祖神の像のそばに竹柱を立て、正月小屋を作ります。

そして子どもたちが中で食事をしたりしたあと、小屋に火を放って火祭りを行うのです。

鳥追い・モグラ打ち。

正月小屋には、サイト小屋、ドンドン小屋、鳥小屋、鳥追い小屋などの名があり、子どもたちは小屋の中で鳥追いの歌を歌って、農作物を食べてしまう悪い鳥を追い払います。

また、祝い棒で地面をたたきながら、各家を回って鳥追い歌を歌って鳥を追い払ったりします。

七草粥を作るときに歌う歌も鳥追いの歌の一種で、七日に鳥追いの行事が行われた時代もあったようです。

モグラ打ちは、子どもたちがワラ鉄砲や棒で地面をたたいて回る行事です。

例えば宮城県では、正月十四日の夜、子どもたちがナマコをワラづとに入れて縄につなぎ、町中を引き回す風習があります。

このとき、
  モグラモチは内にか、
  ナマコどののお通りだ
とはやし立て、田畑を荒らすモグラをモグラのきらいなナマコでおどし、モグラの害を取り除こうとするものです。

大阪にもオゴロモチ追いと言って、おなじような子どもの行事があります。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp