若水・若水迎え。

「若水」は邪気を除くと信じられ「福水・若井・初井・生華水」などとも呼ばれています。

「若水迎え」は「若水汲み」「若水祝い」などとも言います。

平安時代の宮中では、立春の日に主水司から天皇に奉った水(立春水)を若水といっていましたが、後世になり、元旦に汲む水をいうようになりまた。

これは、これは変若水(おちみず・復水・若返り水)信仰から来ているといわれています。

若水迎えは、普通年男の仕事とされていますが、主婦や長男が行くことになっている地方もあります。

新しい年の年号と元日の文字を書き入れ、注連縄をつけた新しい柄杓と桶を持って、井戸や清水の湧く場所まで水をくみに行きます。

まだ人に会わないうちに汲みに行き、もし人に出会っても口をきかないしきたりでだったそうです。

くみ上げるときには「福どんぶり、徳どんぶり、福くむ、徳くむ、幸いくむ」とか「あらたまの年の初めに杓とりて、よろずの宝くむぞうれしき」「黄金の水を汲みます」などと唱えごとをします。

この言葉は地方で多様で、昔話などでも沢山の言葉が見られます。

そして、桶に水を満たしてタチバナの実やサカキの葉を浮かします。

また、桶に円餅を入れて行き、半分を井戸の神にささげ、半分を持って帰る風習もあります。

まず、この水を年神に供え、年神祭りのあとは煮炊きに使ったり、口をすすいだり、また正月に飲むめでたい大服茶(おおぷくちゃ)をたてたりします。


若火・若火迎え。

「若火迎え」は、年神の祭壇に供える灯明をつける火種となる新しい火をおこし、持ち帰る行事です。

近くの河原や四つ角などで、燵石(ひうちいし)を使って松明や火縄に火をともし、持ち帰ります。

昔は、大晦日の夜に神社で大きなかがり火をたいたり、民家でも屋根裏に届くほどの大きな火をたく風習が各地にありましたが、若火迎えの行事は比較的早くすたれてしまいました。

今では京都の八坂神社の「おけら詣り」に残っているぐらいだそうです。

おけら詣りは、社の前でキク科の植物であるオケラを燃やし、その煙のたなびく方角でこの一年の吉凶を占う神事です。

参拝者はこの火を火縄に移して家に持ち帰り、灯明をともしたり、雑煮を煮る火種にします。


若潮。

一月一日の早朝、海水を汲んで神に供える事。また、その汲んだ潮水をいいます。

西日本では若潮迎えなどと呼ばれ、お潮斎(しおい)といって、潮水や砂で家を清めるしきたりがありましたが、これが井戸の水を汲む若水と同じ流れをくむ儀礼と解することができます。

広島県厳島では、大晦日に鎮火祭が行われ、大かがり火をたいた後、その余燼を松明にして若潮迎えを行います。

また静岡県では、初浜と言って、元日の早朝、海に出て海水を汲み、家を清める行事があり、若潮と同じ意味を持つ行事です。

潮水の代わりに海藻を用いたり、塩で年頭の清めを行ったりする地方もあり、熊本県天草地方の若塩売り、東北地方の塩の初買いなどの風俗がそれに当たる考えられています。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp