クリスマス・キャロルのお話。

クリスマス・キャロルの「キャロル」という言葉は、 もともとはギリシャ語で「歌い踊る」という意味です。

中世のはじめ頃、クリスマスには、教会内に作られた 「飼い葉桶で眠るイエス(まぶね)」のまわりを、歌いながら踊ったそうです。

それが、次第に音楽が独立して、クリスマスの聖歌となっていきました。

はじめてキリストの誕生を歌った聖歌は、五世紀に作られたそうです。

今日のようなクリスマス・キャロルをはじめて作ったのは、 十三世紀のイタリア人聖フランシスコでした。

聖フランシスコは、キリストの生誕を、福音書のメッセージを使った 歌詞にして歌にしました。

難しい教義ではなく、誰でもが歌えて、 参加できるクリスマス・キャロルは、ヨーロッパ中に広まりました。

クリスマスには聖歌が付き物ですが、もし聖歌が歌えなくなったら クリスマスをどうしたらいいのでしょう?

千八百十八年、オーストリア、ザルツブルグ近郊の村オーバンドルフと いう村の聖ニクラウス教会で、クリスマス前に突然オルガンが壊れてしまったのです。

オルガン奏者がいくら鍵盤を叩いても、オルガンからはちっとも音がでません。

ねずみが、オルガンのふいごを、かじってしまっていたのです。

オルガンの伴奏なしでは聖歌を歌えません。

その時牧師補だったヨーゼフ・モールはしばらく考えたあと、 クリスマスの短い詩を書きました。

そして、教会のオルガニストで教師をしていたフランツ・グルーバーに ギターの演奏で歌えるクリスマス・キャロルの作曲を頼みました。

こうして出来たのが「きよしこの夜」でした。

そして、クリスマス・イブのミサの最後に、ギター演奏で「きよしこの夜」が 歌われました。

今でもオーバンドルフでは、イブに二人を忍んで手に蝋燭を 持った人々がグルーバーが教鞭をとっていた学校や教会付近を行進します。

そして二人を記念して建てられたチャペルで、当時のとおりギターの伴奏で 「聖しこの夜」を歌うそうです。


 
Google
Web pleasuremind.jp