ほんとは長いクリスマス。 アドヴェント(待降節)。

キリスト教圏でのクリスマスは、家族みんなで愛と感謝を実感する、 一年でもっとも大切な祝日となっています。

クリスマス前4週間の日曜日からアドヴェント(待降節)と言う、 イエス・キリストの生誕を待ち望む期間に入ります。

「アドヴェント(Advent)」とは、ラテン語の「来る」いう言葉から 生まれました。

アドヴェントに入ると、もみの木の小枝やヒイラギでクラウンを作ります。

クラウンは丸い形をした輪で、皆さんが良く知っているリースです。

由来はドイツや北欧のゲルマン民族の風習からで、 このクラウンの中に四本のローソクを立て、日曜日ごとに一本ずつ火を灯して 行きます。

いわばカウント・ダウンのようなもので、ロウソクを灯す数で、 目に見える形でクリスマスが近づいていくのを知るのです。 (なくなるんじゃなくて、灯を灯す数が増えるんですね。)

キリストの生まれた頃、一日の始まりは日没から次の日の日没まで、 でした。

つまり二十四日のクリスマスイブは、当時で言う二十五日に当たります。

クリスマス・イブ当日にはモミノキを買ってきて家の中に立て、 飾り付けをします。

そして家族揃って、キリストの誕生を静かに祝うそうです。


公現節。

一月六日は公現節、顕現節、エピファニー・Epiphany、スリー・キングス・デーです。

三世紀ごろこのお祝いがはじまったときには、一月六日はキリストの公現や降誕の祝日でしたが、 四世紀ごろには東方の三人の博士を祝う日となったようです。

現在は、異邦人(代表の三賢者)に救い主であるキリストが公に現された日、 公現節、とされています。

東方の三賢者は、夜空に輝く星を見つけ「指導者が現れた」と知り、 星の導きによってイエスがいるベツレヘムの馬小屋に辿り着いきました。

そして、黄金、乳香、没薬(もつやく)の三つをを贈り物としてささげました。

この贈り物はそれぞれ、 黄金・王位の象徴、乳香・祈りの象徴、没薬・死と復活の象徴を意味し、 イエスが「諸王の王」と呼ばれる存在であり、 イエスが「神から油を注がれた者(キリスト)」であり、 聖別されている者であること。

イエス自身が崇拝を受ける存在「神」であること。 世界の罪を負い「神の子」として死ぬためにこの世に生まれ、やがて復活することを意味しているようです。

この占星術の学者たちは、ギリシア語でヤμαγοι(magoi)。

これは東方の(たぶんミトラ教)聖職者や占星術師、魔術師を意味し、 彼らは異教の国の賢者の代表とされています。

六世紀になると彼らは王とされ、十世紀にはそれぞれ ガスパール、メルキオール、バルタザールという名前が付けられました。

そして、十五世紀には、彼らは三大陸から来たと考えられるようになりました。

この三賢者に対しては次第に信仰があつまり、ドイツのケルンを中心に 広がっていきました。


キャンドル・マス(聖燭祭)。

クリスマスの終わりは、二月二日のキャンドル・マス(聖燭祭)です。

二月二日はキリストの生母マリアが天使ガブリエルから受胎告知を受けた日です。

この日は正式には聖母マリアの清めの日という祝日なのですが、 かなり古い時期からこの日にろうそくを灯した行列をおこなうため、 キャンドルマスという呼び方が定着しています。

クリスマスから公現節までの十二日間を一般に『十二夜』(Twelve Nights)と いいます。

この十二日間はヨーロッパの民間信仰では、悪霊が暴れ回る期間、 とも言われています。

サナトゥナリア祭の名残りですね。

シェークスピアの戯曲「十二夜」の題名はこれから付けられたものだそうです。

正式なクリスマスツリーは二月二日のキャンドル・マス(聖燭祭)まで そのまま飾っておきます。 

最近はそう長く飾っている家は少ないそうですが、 これを十二夜以前にかたづけると良くないことがあるとされているそうです。

クリスマス・ツリーは、もともとユピテル・英語名ジュピター ギリシャ神話のゼウスなどの雷を神格とする神の御神木でした。

ユピテルはサナトゥルヌスを倒し封印した、とされているので、 ツリーには悪霊を封印する、という意味が込められているのです。

二月二日、この日で長かったクリスマス・シーズンが終了し、 クリスマスツリーを燃やします。

これは、火の浄化作用で災厄を払う火祭りに相当するものかも知れません。

アドヴェントから二ヶ月以上、確かになが〜いクリスマスです。


絵本。

「スノーマン」の絵本とDVD。
文字を一切使わない、それでいて切ないお話。
絵本とDVDを見比べてみてください。
絵本は二種。内容は同じだと思うんだけど・・・。

スノーマンの作者、レイモンド・ブリックス(Raymond Briggs)の
書いたサンタ絵本です。
一味違うサンタさんです。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp